京成の赤電引退

3月20日をもって京成電鉄から通称「赤電」が引退する。
昭和30年代〜40年代にかけて投入された車両にかつて施されていた塗装で、車体の下半分を赤に塗装したことから「赤電」として親しまれた。その後、車体全体をファイヤーオレンジ一色に塗る塗装に変更、平成に入って以降ライトグレーをベースにブルー、ピンク帯を配する現在の塗装へと変遷した。赤電になる前は真反対(?)の「青電」なる塗装と、京成は車体の色についてバリエーションが豊富な路線であった。
一旦は姿を消した塗装であったが、2009年頃に3300形3324編成(4両編成)1本が復刻塗装として復活し運転されていた。他に青電塗装、ファイヤーオレンジ塗装の電車も復刻されている。しかし3300形自体が寿命を迎えており、新型3000形への置き換え対象となりこの度引退することになった。3300形までは普通鋼製車体で車体全面が塗装されているが、昭和47年の3500形からはステンレス車体に移行したため銀色の無塗装車体にカラー帯を入れたスタイルになっているため、間もなく全面塗装された電車そのものが京成から姿を消すことになる。ちなみに青電塗装は3356編成で2月18日に一足早く引退、ファイヤーオレンジ塗装の復刻車両は3312編成でこちらは3月24日をもって引退するという。
2年程前に京成上野駅でたまたま遭遇した時の赤電写真がありました。酷いですが一応。

IMG_1105

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: TOPICS, 京成電鉄, 都市近郊   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です