東武野田線10000系就役記念乗車券発売

今までずっと伊勢崎線や東上線の中古車しか回されてこなかったのが、今年から当線用にあつらえた新型車両60000系が走るということで話題沸騰中の東武野田線。純新型とともに、今年からは伊勢崎線からの転籍ではあるものの10000系が走りだすということで、そちらの注目度も高まっている。従来の野田線を全て受け持ってきた8000系は昭和30年代の登場とあって省エネに対応した設計となっていなかったが、10000系、60000系の登場で省エネ化がようやく図られることとなる。
そんな東武鉄道では4月20日から、野田線での10000系デビューを記念して「10000系車両 野田線デビュー記念乗車券」を発売する。1セット500円で、内容は野田市駅からの大人350円区間の片道乗車券と、西新井駅からの小児150円区間の片道乗車券となっている。発売個所は東武鉄道の一部の駅と東武博物館、東武グループツーリストプラザにて、発売数は3,000セットとのこと。
ちなみに10000系といえば、ステンレス車体で銀色の地肌にマルーンの帯を締めた外観であるが、野田線に転属する車両については初のデザイン変更が行われ、帯の色が新しい東武のカラーで60000系でも採用される、フューチャーブルー、ブライトグリーンの二色に変更されている。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: TOPICS, 千葉, 埼玉, 東武鉄道, 都市近郊, 野田線, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です