相鉄・JR直通線の話題

相模鉄道では平成27年度を目処に相鉄・JR直通線の整備を進めているが、このほど開業時期が3年遅れて平成30年度開業になると発表された。並行して、東急線に入り渋谷(東横線)、目黒(目黒線)方面を目指す相鉄・東急直通線の事業も進められており今の所平成30年度開業予定としている。こちらについては今の所は特に大きな動きはないようだ。
相鉄・JR直通線は、相鉄線の西谷駅より線路を分岐させ、近隣を通るJR東海道貨物線に接続することで、横浜駅をターミナルとする相鉄が東京都心へ乗り入れるというもの。しかし当の貨物線との接続の工事が遅れているという。貨物線に接続する横浜羽沢貨物ターミナル付近には、新たに旅客駅として羽沢駅が新設される。JRへの直通はそこから既存の貨物線の線路を走行、途中鶴見付近で横須賀線に合流して新宿方面を目指す。現在は基本的に、定員制のライナーなど一部を除いて貨物用の線路であり、旅客の列車は走っていない。
また、羽沢からは新横浜、新綱島を経由して日吉へ向かい、東急東横線・目黒線につなぐ相鉄・東急直通線も建設される。こちらについては、ようやく本格的に工事が始まるようである。
しかし、「神奈川東部方面線」として以前から言われていたこの事業、正直現実にはさすがに無理なのではないかと疑っていたところである。詳細な運行計画はさすがにまだ明らかになっていないが、実際に開業すると相鉄とJR(横須賀線、新宿方面)、東急東横線・東急目黒線と、その先の地下鉄(渋谷で副都心線、目黒で南北線、都営三田線)がレールでつながることになるので、それ相応の列車が走ることになるはずである。確かに相鉄から都心へ出るには便利ではあろうが、何の電車が、一体どこからどこへ行くのかいよいよ訳が分からなくなると思うし、どこかで障害があった時の運行上の混乱もいよいよ大きなものとなりそうな気がする。
しかし相鉄・JR直通線の工事は遅れてはいるもののかなり進捗しており、無理だろうと思っていたことはもう現実のものとなりつつある。そういえば日本全国的に見れば北陸新幹線の工事も進んで開業が近づいている。今後の鉄道事情、いったいどこへ向かうことやら。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, TOPICS, 東京, 東急電鉄, 東横線, 相模鉄道, 神奈川, 都市近郊, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です