会津若松へ

前回の「塔のへつり」から少し間が空いてしまった東武線経由で会津へ向かう旅。いよいよ終点、会津若松へと向かう。
塔のへつりを過ぎるとまずは湯野上温泉。独特の茅葺き屋根の駅舎が特徴的な駅である。
この先は大川ダムの建設に伴いルート変更された区間で、トンネルが多い。途中に芦ノ牧温泉南、大川ダム公園と2つの駅があるが、同様の事情を持つ飯田線と同様、駅の周囲には何もなく乗降客は皆無に近い。秘境駅と化している。
芦ノ牧温泉南には「芦ノ牧温泉」の名前が入っているが、当の温泉へは2つ先の芦ノ牧温泉からバスが出ていてそちらの方が便利である。芦ノ牧温泉南の駅前には何もなく、バスも来ていない。ただ実際の所、当の温泉は一番近い芦ノ牧温泉からでも距離が有るのと、芦ノ牧温泉南には温泉地へ向かう道路が通じているが両駅の間にある大川ダム公園には通じていないことから、温泉への南の入口として使えるという意味でそのような駅名になったのではないだろうか。ただ、道路が通じているとはいえ、歩いて行くには距離がある。名前をそのようにするからには、バスくらいあって欲しいものだが。
ダム区間を過ぎると芦ノ牧温泉である。ここではねこの「ばす」が名誉駅長として働いている。
会津若松の市街地に入って、山岳区間も終って町に出てくる。西側からJR只見線が合流すると西若松。会津鉄道としてはここまでで、ここから先は2駅だけ只見線を走って会津若松となる。私はここで鶴ヶ城見物、市内散策のために下車した。東京から約230キロの距離を、JRに乗らずに私鉄だけでやってきた。ああ、まあJRももはや私鉄だけど旧国鉄ということで勘弁して。それだけ国鉄と私鉄というと、イメージが違うということだろうか。私鉄というと運行範囲が都市部に限られていて、田舎にも存在するもののその多くは旧国鉄の支線クラス路線の転換であって、そちらも範囲はその地域に限定される。私鉄だけで東京から東北という別の地方へ出て来られるというルートは本当に数少ない。どちらかというと遠くを結ぶことを前提にした国鉄と違い、生活密着の色合いの強い私鉄路線。私はそんな所で私鉄の方が好きなのだが、そんな私鉄だけでの長距離移動というのは改めて何か特別なものを感じる。

100_0090

乗ってきた会津鉄道AT500形「ふるさと列車」。野口英世がこの地(猪苗代)の出身ということで、それにちなんだデザインになっている。

100_0091

西若松駅。東京・浅草から続いてきた長く続いてきた私鉄路線網はここまで。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: ローカル線, 会津線, 会津鉄道, 東北, 福島   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です