大山詣り(1)

GW後半真っ只中。遠出をするのもいいが、まあ想像の通り混雑しているし、「高近短」がキーワードになっているらしいし、近場での旅を楽しんでくるとしよう。(同じような前振りな上に、無理矢理な繋ぎ方・・・)というわけで久々に大山詣りをすることにした。
大山への交通は山麓まで通じている鉄道がないため、比較的近い小田急線伊勢原駅からバスである。まずは小田急線の急行で伊勢原へ向かう。朝から結構混んでいた。

IMG_5184

IMG_5185

 

駅に降りて改札を出ると目の前には行列、案の定大山へ向かうバスを待つものであった。うへぇ!まあGWだし行楽客が多いことは想定してはいたものの、交通手段の限られている所はやはり厳しいのね。しかし3分間隔で臨時便(途中の停留所に一切停車しない直行便)を出しているため意外と進むのは早かった。神奈中頑張ってますな〜、連休お疲れさまです。待ち時間は15分くらいだった。しかも駅舎を出てバス停手前まで来ると、前に人がまだいたが「まだ乗れますよ〜」と声をかけて後ろの急ぐ人を先に乗せてくれるらしかったんで、お言葉に甘えて一足先に乗せてもらった。

IMG_5188
「ようこそ!大山へ」お手製の看板がお出迎え。

 

IMG_5195
駅前には鳥居。大山の山中にある阿夫利神社(今回の目的地)の一の鳥居。

 

通路に人は一杯ではあったが、意外とぎっちぎち状態にはならず苦しくなかった。昔出かけた隅田川花火大会の帰りなぞはもう、2本くらい見送ってもぎっちぎちのバスに乗るしかなかった。乗車口のステップぎりぎりにきつーい姿勢して立ったのを思い出す。

通常30分ほどかかるが、臨時の直行便なので途中停留所は全て通過するため20分程で到着。大山に来るのは15年ぶりくらいと思うが、相変わらず伊勢原駅を出ると細い路地ばかりになってしまうのは変わっていないようだ。駐車場は一応あるが土地の関係もあって数は少ない。車の量こそそれほど多くはないようだったが、入口付近では渋滞していた。

IMG_5196
大山の麓に到着。ここまででもある程度登ってくるし緑に囲まれているので気持ちがよい。

 

バスを降りて参道を歩く。ここからは長い徒歩の旅になる。途中にはケーブルカー乗り場があるが、そこまででも結構な距離がある。距離もさることながら石段による登りが断続的に続く。登山でなくケーブルカー利用者であっても、ある程度歩くことに慣れていないと少し苦しい。

IMG_5204

IMG_5207

 

 

IMG_5206
石段の踊り場にはお土産品の大山こまがタイルとして貼られている。チェックポイント的に、踊り場を進む毎に駒の数が増えるようになっている。

途中には土産屋や食堂、旅館等が軒を連ねている。時間はまだ11時台だが、バスがあの調子だから食事処も混雑が予想されるし、行きはケーブルに乗らないつもりでいたので先に腹ごしらえをする。ある程度登った所で振り返ってみたが、ここまででも結構登ってきたもんだ。

IMG_5210

 

食べ終えて階段をなお上がって行く。案の定、ケーブルカー待ちがまたとてつもない列になっていて参道へと伸びていた。自力で登る方はガランガランですが。まあここは人それぞれですから、それぞれ参りましょう。

 

IMG_5211
大山川を渡って最後の石段を上がると右にケーブルカーのりば。橋に続くのはケーブルカー待ちの行列。

 

IMG_5214
ケーブルカー乗り場前。でも、今回ここからは乗りません。

 

IMG_5212
右折せずにまっすぐ進むと参道を兼ねた登山道。大山は阿夫利神社があるとともに大山寺という寺がある。それぞれにケーブルカーの駅が設けられているので、ケーブルカーの駅は山麓の駅と合わせて3駅ある(ケーブルカーに途中駅があるというのも珍しい)。いよいよここからが始まりである。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: その他, 小田原線, 小田急電鉄, 神奈川, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です