峠越えの拠点駅へ

連絡バスで横川駅に着いた。ここからは高崎まで、今も正真正銘の「信越本線」として残っている。かつては上野から長野方面『あさま』、その先北陸本線に入る『白山』が通る特急街道の一つだった信越本線。長野新幹線が開業し、途中途切れてしまった今は、1時間に1、2本の普通列車が運行されるのみである。
バスは普通列車と、基本的に接続している。来るまでもう少し時間があるので、少しうろうろしてみよう。

IMG_5785

横川駅駅舎、リニューアルされて当時とは感じが変わっている。駅名看板もレトロ調。しかしそれなら途切れた区間も、なんとか復活という訳には行かないか・・・。

 

IMG_5791

IMG_5790

駅前の様子。代表駅弁はもう言わずと知れた「峠の釜めし」。釜めしを売っているおぎのや本店がある。来たからにはと思ったのだが、まだ時間が早く腹も一杯だったもので、あえなく見送った。まあ過去に何度かお目にかかっていますが。
下写真は駅前に展示されているEF63-3の動輪。

 

IMG_5780

ホームを駅の外から眺める。もともと中間駅だったので上下で別々のホームになっているが今はそれも関係なく切られてしまっている。

 

IMG_5783

IMG_5781

 

一部の線路はそのままレールが残っている。この先碓氷峠鉄道文化むらがあるが、そこを抜けて続いているという。定期的に手入れも行われているそうで、復活の機運も高まっているようだ。

IMG_5788

駅に入る。自動券売機、自動改札を備え、東京近郊区間ということもあってSuicaが使用出来る。信越本線でもSuicaが使えるようになったんですね。
改札上には3番線から出る列車の時刻が書かれている。かつての名残でホームが2面あるが、終点になり本数も減った今は基本的に1番線しか使われない。3番線から発車するのは早朝の4本だけだ。多分錆び取りとかだと思うが。

 

IMG_5794

IMG_5800

IMG_5801

横川駅構内。碓氷峠を間近に控えていることもあり、駅周辺は険しい山ばかりでそれといったものはない。今となっては碓氷峠訪問者か連絡バス乗り継ぎという用途が多くを占めている感がある。しかし、峠越えを控えた駅とあって構内は広い。こうして見ていると終点とは思えないようなたたずまいだが・・・。

 

IMG_5795

IMG_5797

軽井沢の文字はもうない駅名票。しかしちゃっかり奇麗になっている。JRで最近流行のLED式のサインだ。こういう駅だと看板類など朽ち果てたりサビサビだったりというケースもままあるのだが。軽井沢を控えてか、碓氷峠が有るからか、観光利用が多いからか、乗客が少ないものの充実している。

 

IMG_5802

107系の普通列車が到着、ここから高崎までわずかだが今に残る「信越本線」の旅である。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, ローカル線, 信越本線, 群馬, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です