工業地帯を行く鶴見線(3)

国道駅の先で地上に降りて、鶴見小野。無人駅だし設備も古いが、住宅に囲まれておりごく普通の鉄道駅といった印象である。しかしそんな景観なのもここまで、この先首都高速道路をひとたびくぐると、放り出されるかのように一気に工業地帯の景観に突入する。この首都高速、街を堰のように分けていて住宅街と工業地とがほとんど奇麗にそこで分かれるようになっている。

車庫が左手に広がるが、鶴見線の車両は3両編成と短いし、そんなに数もないのでさして広がりはない。地方私鉄の車庫のような様相である。そこを抜けると弁天橋、工業地に入って最初の駅、本当に右を向いても左を向いても、ひたすら工場である。

工場の合間を抜けていき、海芝浦へ向かう支線が右に分岐して、浅野。ホームは本線と支線とで分かれていて構内は広く、駅舎も2階建てと立派である。それでも今は無人駅、駅舎はかつての栄華のみ残し、今はまるでただの飾りと化している。
ちなみに駅名の浅野とは浅野財閥の浅野総一郎から付けられたもの。この先の鶴見線の駅名は、企業名やその関係者に因むものばかりである。

ここで分岐する海芝浦支線に先に触れてしまおう。浅野から分岐し、駅は新芝浦、海芝浦の2駅のみ。芝浦とは東芝の前身である芝浦製作所から取られたもので、文字通り新芝浦駅から先ではこの支線が東芝の敷地内を走行している。新芝浦までは道路が並行していてバスも走っているが、その先は完全に東芝の敷地内で、終点海芝浦は駅舎がそのまま会社の門を兼ねている。そのため東芝関係者や許可を受けた者でなければ、駅の外に出ることが出来ないという珍妙な駅になっている。そんな構造から鉄道、紀行関連の書籍を中心にしばしば取り上げられる。
とはいってもここまでの切符でそのまま戻ることは不正乗車となるため、一般客は駅舎内の自動券売機で切符を買って戻ることになる。東芝の敷地に出る本来の出口とは別に海芝公園という公園があるが、それはそんな一般客の憩いの場として東芝が整備し、開放した公園である。駅も含めて目の前がすぐ海、眺望は極めて良く高速湾岸線の横浜ベイブリッジ、鶴見つばさ橋などを眺めることが出来る。もっとも水害なんかあったら、それこそひとたまりもない場所であるが。

公園といっても列車待ちの人向けに設けられたものであり、外に出る道は一切ない。しかしこんな公園が設けられるあたり、用もないのに訪れる一般客はかなり多いとみえる。海に隣接し景色の良さもあって「スポット」として取り上げられることも多いようで、関東の駅百選にも選ばれている。海に最も近い場所から見る横浜の夕景、夜景はそれはそれは奇麗なことだろう。ここへのアクセスが鶴見線しかないことを気にしなければ(笑)、確かに絶好の「スポット」と言えるかもしれない。

さて写真は写真は・・・と探してみたが、なんと今回取り上げた区間で全く写真がなく完全文章勝負になってしまった!本数の鶴見線はある程度時間をとって訪問しないとなかなか写真を集めにくい、と言い訳してみる。期待していた皆様、すみません。今度ちゃんと撮ってきます!

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, 神奈川, 都市近郊, 関東, 鶴見線   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です