京王線夕ラッシュ時の急行調布行き

前にも取り上げているが京王線では夕ラッシュ時に、都営線から直通の急行調布行きが4本ある。2013年2月のダイヤ改正で新設されたもので、調布に着くと各停高尾山口行きに変わり高尾山口までそのまま運転されるという列車である。ダイヤ編成の都合上設定された、いわゆる化け急というものである。
京王線では列車種別がそんなに多くなく、割と整理されていてわかりやすい反面、需要に合わせた「小回り」がちょっと利きにくい所があるのか、こんな感じで化け列車を設定しては凌いできた所がある。快速調布行きが調布で急行橋本行きに化けたり、準特急北野行きが北野から各停高尾山口行きに化けたり、といった感じである。そもそも「快速調布行き」自体、相当へそ曲がりな列車だと思うが、元々快速橋本行きだったのを、橋本方面の急行を増やすために調布で急行に化けるようにしたものである。
今年2月にダイヤ改正されるまではかなり化け列車があり、さすがに利用者泣かせではなかったかと思う。この改正でほとんどなくなったが、今度は夕方のラッシュ時に今回のような列車が出来てしまった。ダイヤ上の都合だろうが、思いもよらぬ列車である。
都営線から直通なのといい時間ということもあってか乗客はそれなりに多い。もっとも8両編成と短いのでその分があるのと、桜上水で特急に追い抜かれる(!)こともあってかそんなに混雑はしない。立ち客がぽつぽついる程度で割と快適ではある。

IMG_2289

 

途中列車が詰まってちんたらとなりやすい京王線だが、この列車に限っては桜上水から特急の真後ろに来るとあって詰まることがなく、速い。抜かれさえしなければもっと急行らしくなると思うが、そうすると大概は追い抜けるつつじヶ丘に着く前に各停に追いついてしまうので、徐行ないし一時停止だろう。実は所要時間的には多分抜かれない急行と、そんなに大きく違わないのではと思う。
調布から先は各停に変わるが、他の列車との接続はない。後の特急を待つ列かホームには長い列が出来ているが、こちらの各停に乗る人はほとんどいない。都営地下鉄の緑の電車が、ここから高尾山口まで一駅ずつ向かって行くというのも何か珍妙である。

IMG_2303

各停に化けた後。当然だろうが前面上部の急行灯もちゃんと消えている。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 京王線, 京王電鉄, 新宿線, 東京, 都営地下鉄, 都市近郊, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です