西武多摩川線(1)

暑い日が続いてますなぁ。こうも暑いとあまり動きたくないなぁという気になってきます。そんな訳で(?)近場で小旅行的に楽しんでみるとしよう。
中央線の武蔵境から伸びる西武多摩川線。是政まで約8キロ、わずか6駅だけのミニ路線だ。西武の路線だが、他の西武線とは繋がっておらず孤立した路線である。車両は101系4両編成のワンマンカーがひたすら往復している。支線格ということもあり、基本的に池袋線や新宿線の中古車が回されている。それでも最近の101系は多摩川線専用のラッピングがされているので、そう古さは感じられないだろうしこの路線の特色になっていて良い。
全線単線で普通列車のみの運転だが、ほぼ終日12分間隔(1時間に5本)と周辺を走る京王線の各停とほぼ同程度の高頻度運転となっている。元々はかつて多摩川で砂利採取を行われていてその輸送が目的であった(以前、東急砧線跡のことを書いた時にも触れた)。今でこそ貨物輸送は行われていないが是政駅の様子などは往時を思い起こさせる所が有るかと思う。

始発の武蔵境駅へ向かう。かつては地上駅だったが近年、中央線共々高架化された。地上時代は中央線下りとホームを共有していて、中央線の下り列車のすぐ向かいに西武線が止まっていたので改札を出ずにすんなり乗り換えられた。高架化されてからは完全に別の駅として分離されてしまい、階段を昇り降りして一旦1階に降りなければならなくなった。高架化されてからも、中央線下りホームの隣に西武のホームが並んで位置するので、2階のホーム同士を連絡通路でつなげようと思えば出来たはずだが。バリアフリーが叫ばれている昨今、なんとかならなかったものだろうか。

武蔵境駅

IMG_2600

IMG_2606

 

駅前は大型スーパーなどで占められている。中央線は快速しか止まらないが乗降が多く賑わっている。バスも多数発着する。

IMG_2602

IMG_2601

 

西武線ホーム。地上時代はこの駅構内も単線だったが、高架化されて複線になり2本の列車が入れるようになった。もっとも通常ダイヤでは途中駅で行き違いをするので、2本入ることはほとんどない。

IMG_2181

IMG_2180

 

停車中の101系。西武鉄道といえば黄色い電車で101系もそうだが、多摩川線用は近年白の塗装とされ、その上に四季をあしらったラッピングがされている(ラッピングなし白一色のものもある)。これは「冬」。

IMG_2183

 

駅を出るとすぐに中央線への連絡線が分岐、しばらくして高架を降りる。連絡線があるのはこの路線が他の西武の路線網と繋がっておらず、車両を回送するのに使うためである。高架を降りるとすぐに中央線と分岐、武蔵野特有の住宅、農地、森林、公園の入り交じる中をのんびり進む。昔は武蔵境からしてローカル線の始発駅みたいな光景だったが、今はそこだけ先進的になってしまい浮いている感がある。

IMG_2610

 

高架で横切る中央線と単線でマイペースで進む西武線(手前)。

IMG_2611

 

中央線から分岐すると細い路地が並行しつつ左カーブする。窮屈そうなこの感じが私鉄路線らしい。

IMG_2612

IMG_2614

 

住宅地が多いが農園や森林も点在する。

IMG_2617

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 多摩川線, 東京, 西武鉄道, 都市近郊, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です