東武のりつぶし(7)

東小泉で降り、館林行きにまず乗り換える。
大泉町を出て邑楽町に入り、田畑も目立つようになる。本中野、成島と過ぎて再び館林へ。伊勢崎線、佐野線との接続駅で朝も通ってきたところ。
むろんそのまま折り返しは出来ない。一旦改札外に出て、少しぶらぶらしてみる。

101_0438-1

館林駅。現在駅はリニューアルされたようだが、当時はまだリニューアル前で昔ながらの駅舎であった。

 

101_0436

館林駅ホーム。車庫が隣接し拠点となっている。3路線の合流する駅で伊勢崎線の折り返しもある。ホーム(5番線か)に止まっている850系はまだデビューしたばかりだろう。当時はまだ本職(?)である北関東のローカル運用が始まる前か、3両2本繋いだ6両編成で伊勢崎線の準急に使用されていた。もっとも元々8000系なのだから、別に何の違和感もないが。(笑)

 

101_0440

こちらは小泉線、5050系の2両編成。

 

101_0441

小泉線ホームの4番線。向かいの伊勢崎線用5番線と共用しているが、列車が短い分途中までしかない。間借りしているような感じだ。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: ローカル線, 小泉線, 東武鉄道, 群馬, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です