東武のりつぶし(8)

再び駅に入り今度は西小泉行きに乗る。東小泉まで戻り、その先そのまま本線を進む。大泉町の市街地に入り、小泉町を過ぎ、左カーブすると終点西小泉である。東小泉までは駅間が長めだったが、その先は1キロ程度と短い。
ちなみに東小泉駅の所で触れたが路線名が「小泉線」であり、駅も東小泉、小泉町、西小泉と小泉が3つ並んでいるが、自治体としてはどの駅も「大泉町」に属しており「小泉町」という町は存在しない。実は開業時は本当に小泉町だったのだが、昭和32年に大川村と合併して大泉町になった結果このようになってしまったようだ。ずっとそういう名前だっただけに、路線名も含めて全部改称となれば、案内上ちょっと厄介なことになりそうではある。そんな理由かは知らないが、現在も昔のままにされているということのようだ。
そういえば、訪問当時の首相は小泉さんでした!(笑)

101_0446

西小泉駅駅舎。小泉線のローカル列車が発着するのみだが立派な駅舎だ。かつて貨物線が繋がり、熊谷線接続の計画も有ったためか大きめに造られていたようだ。

101_0447

駅前から見る小泉線電車。ここも駅前自転車置き場がびっしりだ。一帯が工業都市だけに通勤での利用は多いようだ。昼間は完全に1時間に1本となっているが、朝のラッシュ時は10〜20分に1本程度となる。

101_0448

外国人の多いことで知られる北関東地区。特に大泉町は県内でも最も外国人比率の高い町となっている。駅を出るとブラジル人向け(ポルトガル語)看板が見られたりする。

西小泉まで来た所で今回の旅は終わり、東武のローカル線を制覇した。この後西小泉駅から出る熊谷行きのバスに乗って帰路についた。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: ローカル線, 小泉線, 東武鉄道, 群馬, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です