会津若松にて

大河ドラマ『八重の桜』の舞台で熱い会津。中心は言わずもがなの会津若松駅、磐越西線と只見線、会津鉄道線が乗り入れる。
といいつつもやっぱり整理ネタなんだが、2005年当時の東北旅行から、会津若松駅の様子。

100_0102

駅舎全景。鶴ヶ城をイメージしたかのような形状が印象的。ちなみに鶴ヶ城はここよりも只見線、会津鉄道線で一つ隣の七日町駅が近い。

 

100_0104

駅構内と停車中のキハ40系。磐越西線は喜多方を境に会津若松を含む郡山側は電化、新潟側は非電化となっている。会津若松駅は拠点ということで駅構内は広い。なお、磐越西線はここでスイッチバックする配線になっていて、ここを越えて直通運転する列車も一旦折り返すような格好で発車する。朝早かったこともあってかホームの人はまばらだったが地方の中枢駅らしい貫禄はあるだろう。

 

100_0105

当時電化区間で使用されていた455系。元急行用ということで相応の設備を持つ。この快速でこのあと郡山へ移動した。磐越西線も今は719系が主力になってすっかり新型電車に置き換えられているようだ。東北や北陸など中心に特急、急行用のお下がりが普通列車で活躍して味があったものだが、新車配備の波で急速に数を減らしている。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, ローカル線, 会津線, 会津鉄道, 只見線, 東北, 磐越西線, 福島   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です