西武秩父線

西武池袋線の延長部のような感じで、秩父へと乗り入れている路線。池袋から特急『ちちぶ』(レッドアロー)が出ていることもあるし、運行も池袋線と一体化されていて西武秩父線内の折り返しはないので池袋線と思われていることが多いかもしれない。正確にいうと池袋線は、池袋から飯能のちょっと先にある吾野までの路線で、吾野から西武秩父までが「西武秩父線」に名前が変わる(秩父線だと思っていたら「西武秩父線」と「西武」が入るらしい。単に「秩父線」と言った場合「秩父鉄道」を指すからだろうか)。が、現在吾野で折り返す列車はほぼ皆無で(吾野発着は池袋線の上り一番列車と下り終電の1本ずつのみ)、池袋線も飯能を過ぎるとほとんど山間部を走っていて吾野もそんな中にある途中駅なので、ここが境界と言われてもまずピンと来ない。起点と終点を示すキロポストが構内に立っていることくらいか。

元々吾野まで来ていた池袋線を、秩父乗り入れのために昭和44年に延長したもの。途中正丸〜芦ケ久保間には当時の国鉄以外の私鉄では最長だった正丸トンネルが控える。長さ4000mを超える長大トンネルである。長いだけにトンネル内に信号場があって、そこで行き違いのために停車することがある。先に触れたように、飯能を過ぎれば池袋線も単線の山岳路線になるのであまり違いは分からないのだが、ちょっと目立つ違いもあって池袋線にはトンネルが一カ所しかないが、西武秩父線に入ると急にトンネルだらけになる。正丸峠を越える正丸トンネルは仕方ないにしても、それ以外の場所でも結構トンネルがある。その辺りは造られた年代の違いなんかも関係しているだろうか。

正丸トンネルを抜けて横瀬から秩父へと入って行く。横瀬付近では秩父のシンボルたる武甲山の麓付近を走り、山をバックに行く所は正丸トンネルと並んでこの路線のハイライト的な所だろう。

 

100_0045

横瀬駅。車両基地が隣接していて構内は広い。バックにうっすらと見える山が武甲山。石灰岩が多く含まれており昔から盛んに採掘されてきた。主たる採掘現場である北側(西武線側)の山頂付近の斜面は随所がえぐられておりちょっと痛々しく感じられる。まあ、大いなる自然の恩恵に預かっている訳だから仕方ないが。

 

100_0047

武甲山をバックに横瀬駅に停車する西武秩父線の4000系。特急以外は飯能で列車が区切れていて、飯能〜西武秩父間で4000系が折り返し運転している。2ドアでドア間はボックス席が並び長距離移動に快適な列車だが、池袋線の通勤輸送に適さないためか池袋にやってくるのは土休日の直通列車のみ。

 

100_0049

終点西武秩父駅。秩父の町の中心は秩父鉄道の秩父駅(西武秩父駅に隣接する御花畑駅から一つ目)あたりとあって、こちらは少々駅前が寂しい気もしなくもないが、駅舎、駅前ともに広々とした感じがいい。東京とダイレクトに繋がっていることもあって、乗客数は西武秩父駅の方が多い。

 

100_0106

100_0068

西武秩父駅付近では並行する秩父鉄道とレールが繋がっていて同線に乗り入れる列車がある。基本的に西武秩父の一つ手前横瀬で切り離して秩父鉄道の上下線両方向に乗り入れる。片方は横瀬から先、西武秩父を通らずに御花畑から秩父鉄道に入って長瀞まで、もう片方は切り離し後一旦西武秩父まで行き、逆向きになって影森から秩父鉄道に入り三峰口まで乗り入れている。ちなみに西武秩父と御花畑駅は運賃計算上同一駅として扱われているので、長瀞行き(発)列車で横瀬〜御花畑間を乗車すると横瀬〜西武秩父間の西武の運賃が適用され、三峰口行き(発)列車で西武秩父〜影森間を乗車すると御花畑〜影森間の秩父鉄道の運賃が適用される。
もっとも直通列車は平日は朝上り、夕方下りに1本ずつ、土休日も朝下り、夕方上りに2本ずつしかないのであまり利用しやすいものではない。大半は西武秩父と御花畑との間を徒歩で乗り換えとなる。
上写真は長瀞に乗り入れた4000系、下は三峰口でかつての急行『秩父路』(秩父鉄道3000系。後任の6000系に置き換えられ現存せず)と並んで休む4000系。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: ローカル線, 埼玉, 池袋線, 西武秩父線, 西武鉄道, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です