神戸電鉄へ(1)

新開地に戻って神戸電鉄に乗車する。他に乗り入れのない始発駅だけに3線あるターミナル駅になっている。電車が発着するとそれなりの乗客の流れはあるが、神戸電鉄自体が3、4両編成と短い電車のため少し経つと空いてしまう。東京ならまずあり得ないことだ。

神戸電鉄は有馬線、三田(さんだ)線、粟生(あお)線、公園都市線の四路線から成る私鉄。有馬線は湊川〜有馬温泉間、三田線は途中有馬口から分岐して三田へ向かう路線だが、実質的な運行形態としては輸送事情に合わせてか新開地から有馬口経由して三田へ行くのが一本の列車となっていて、有馬温泉へは有馬口から一駅であるがシャトル便に乗り換えとなっている。粟生線については有馬線の鈴蘭台で分岐するが、基本的には列車は新開地始発である。結構な路線網を持ち、元は準大手私鉄に分類されていたが、現在は中小私鉄らしい。。。
以前「山間の通勤路線」というタイトルで、一度取り上げている。そのときは谷上以北だったため新開地の方には来ておらず、ここから乗るのは初めてだ。ちょっと繰り返しになるが文字通り、六甲山系周辺に広がる、神戸市北区やその周辺の街を結ぶための山越え通勤路線である。車両自体はロングシートの遜色ない通勤電車だが、路線は急なアップダウンと急カーブが見事に揃っている。南海高野線の橋本〜極楽橋間もそうだが、50‰の急勾配を随所に持つ。南海や富士急などと、「全国登山鉄道‰会」に加入している。そんな路線なもので設備や車両の導入、メンテナンスの条件も非常に厳しく、急勾配に耐えられるものでなくてはならない。必然的に費用がかかってしまい、それが結果として「高額運賃」として跳ね返ってしまっている。初乗り運賃は170円と地下鉄並みに高いし、ちょっと距離を乗ると300円、500円と普通に行ってしまう。近年、ここ六甲山周辺も阪神高速道路始め道路が猛烈な勢いで整備され、交通手段もマイカーや高速を使う路線バスなどが勢力を増しており、益々苦境に立たされている。始発駅が新開地であり中心の三宮へは乗り換えなくてはならないこと、神戸高速鉄道の運賃を別に取られてしまうことが、また足かせになってしまっている(ちなみに路線バスは多くが三宮にダイレクトに乗り入れるため、その点も大きな脅威である)。山の街で鉄道がやっていくのは、もはや難しいのだろうか。
新開地と言わず三宮まで路線を延ばしておれば(それも神戸電鉄の運営として別運賃にせずに、だが)、また違ったのではないかと思うのだが。今となってはいかんともしがたいか。
実のところ旅日記なのだしあまり交通評論っぽいこと(それも重々しいことを)をつらつら書くのもどうかと考えてはみたのだが、この路線に関していえば、やっぱり多少なりとも周囲を取り巻く状況や現状について、触れずにはおれないと思う。先に入場券を入手したという所にも関わるが、今回は粟生線を初めて訪問する。後にそれなりのことは書くつもりでいるが(余所者なのでどこまで触れられるか全く自信はないが)、今やネット検索で「粟生線」と検索しても出て来る単語はほぼ決まったようなもので、マイナス面が拭えなくなってしまっている。
ちょっと難しい話が続いたんで、最後に新開地駅の模様から。

IMG_3018

IMG_3014

1000系。1965年登場。だいぶ年季の入った感じはするが、山岳路線用とあって造りはしっかりしているだろう。長期間に亘り100両以上製造されており、適宜組み合わせて編成を組成している。
いくつかグループが有って1100系、1300系などと色々分かれているようだが何が何だか筆者には良く分からない。結構な数がいるので神戸電鉄では見る機会も多い。
神戸電鉄は基本的に3ドア4両編成。時々3両編成とか、2ドアのやつもいる。少し前は5両編成が最大だったが、今はない。山岳とはいえ乗客の多い通勤路線なので、列車1本が短い分本数が多く設定されているようだ。昼間は三田行きと粟生線直通が4本ずつ(新開地発で8本/時、但し粟生線直通のうち毎時2本は急行)、朝のラッシュ時には最大で20本程度運転されている。

 

IMG_3016

3000系。1973年登場。アルミ車体となっており、アルミ地肌の銀色とアクセントのオレンジ色という特徴的なカラーリングから「ウルトラマン電車」とも呼ばれる。90年代くらいまでの書籍ではこれが神戸電鉄の代表として写真に出ていることも多かったかと思う。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 兵庫, 神戸電鉄, 粟生線, 近畿, 都市近郊   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です