神戸電鉄へ(2)

というわけで神戸電鉄の旅を始めるとしよう。
ウルトラマンこと3000系の普通電車に乗車する。昭和40年代の設計ではあるが、車内は木目調で落ち着いていてキレイである。
新開地を出ると一駅だけトンネルを走行、すぐに湊川に着く。先にも書いた通りたった400m、歩いて行ける距離である。元々の神戸電鉄のターミナル駅だが、今や単なる中間駅になっておりターミナル機能は新開地に譲っている。駅自体はリニューアルされていてキレイなのだが、ここ発着の列車がないせいかホームはそんなに広くない。
神戸電鉄では現在、全列車がワンマン運転しており運転士がドアを開閉する。駅に着くと運転士は席を立ってドアを開けて、発車時刻になったら自ら確認してドアを閉めて、となかなか慌ただしい。車内放送は自動化されている。

ここ湊川までのわずかな区間が神戸市街地の中心部を走るところで、また神戸電鉄にとってもっとも低い所でもある。ここから先は山地へとひたすら登って行くことになる。
湊川を出て少し行くと地下トンネルを出るのだが、運転席の後ろで見ているともういきなり急な上り勾配が続いている。まだ次の駅にも来ていないのだが、もうさっきまでいた神戸市街地が時々眼下に見えたりする。急勾配、急カーブが続くとあってかスピードはあまり出ず、50km/hくらいがせいぜいのようだ。かなり登って一段落ついたところで最初の駅、長田に到着。しかしまるで「踊り場」とでもいう感じで平らくなってるのは駅周辺だけ。この先も駅に着いてはまた登りが続く。
そんな光景なのだが、ここは150万都市である神戸市である。駅周辺はマンションや住宅地になっているのだから驚くばかりである。東京でいえば多摩ニュータウンの標高をもっと高くしたような場所という感じである。
ちょっと駅で降りて記念に何発か撮るとしよう。

長田駅

IMG_6972

IMG_6987

中心部に接していることもあってか駅周辺は賑やかで、乗客も多いようだ。

 

IMG_6994

湊川からの急な上り勾配を登ってくる列車。

IMG_6985

丸山から山を下りてくる列車。新鋭5000系。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 兵庫, 有馬線, 神戸電鉄, 近畿, 都市近郊   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です