神鉄粟生線 途中下車の旅(1)

鈴蘭台からはいよいよ粟生(あお)線に乗る。
粟生線は神戸市北区の鈴蘭台から、三木市を経て、小野市の粟生までを結ぶ路線。起点は鈴蘭台ではあるが列車は原則新開地まで乗り入れているので、神戸都心への便は一応図られている。
もうあまり詳しく書かずともネット検索すればその手の情報があふれてしまっているし、「粟生線」の名前を聞くだけで「あ〜あ〜」とか思うだろう人が目に浮かぶのが、何とも悲しいところである。乗客数はピーク時の半分以下にまで落ち込み、近年はことに毎年10億円以上の赤字を計上しており累積赤字は100億円以上に達し、兵庫県や自治体などからの支援などもあって路線を維持するような状況になり存廃問題も取りざたされたりしている。一応、直近の廃止はどうにか免れたようではあるものの、いまや神戸電鉄の電車内には「乗らないと残りません」のポスターがもうまるでSOSのごとく貼られているほどで、ある意味「末期」とすら言える状況が目に見えるほどになっている。

兵庫県や自治体の支援(無利子貸し付け)、本数削減などの経費削減もあって、2012年度に関しては赤字は12年ぶりに10億円を切ったとはいうものの、乗客数については667万人で前年度比15万人減だったという。
定期客向けには、神戸電鉄線を含まない(定期券所持だった場合は、神戸電鉄線をその中に含んでいない)交通手段で通勤していた人について、本年4月1日~10月1日までの新規発行分の6ヶ月定期券購入で半額を補助する「粟生線通勤Come Back補助制度」なるものを開始している。
定期外客の取り込みとしておでかけガイドの作成、各種イベントなどを行っているほか、2012年には平日昼間(10時~16時)と土休日(終日)に使用出来る「粟生線~三宮 平日昼間&土休日お得きっぷ」の試験販売が行われた。今年は『神鉄おもてなしきっぷ2013』を販売して集客につとめている。大人券1000円、小児券800円、神戸電鉄が1日乗り放題のフリー乗車券と、近隣のお店で使える「おもてなし券」などがセットになっている。
ある日、遠く離れた東京は渋谷駅のコンコースで、地元小学生がこの路線のことを取り上げて作成したポスターを見かけた。日本民営鉄道協会による、「第6回『私とみんてつ』小学生新聞コンクール」で最優秀作品賞を受賞したものとのこと。実際に乗車して利用状況も観察されており、しっかりレポートされていて思わずその場に立ち止まって見入ってしまった。

神戸市や隣接都市を結ぶと有って、実態としては沿線がベッドタウンとして開発され、通勤路線である。そう乗客減に困るとは思えないような環境である。しかし、この鉄道特有の線形の悪さがあって速度はあまり出ず、かつ大部分複線の有馬線とは異なり単線区間が多いこともネックとなっている。急行、快速なども運転されているが複線区間までに限られているので、そんなに通過する訳ではないし短縮効果も劇的というほどではない。そんな中でモータリゼーションの進展や、周辺道路の状況改善、バス路線の開設もあって、乗客の転移が進んでしまったようだ。近隣はニュータウン開発されているものの駅から少し離れている所が多く、今はそこにダイレクトに三宮とを結ぶバスが乗り入れるようになったことも要因と言われている(三宮とはある程度距離が有りルート的にはちょっと山越えでもあるものの、阪神高速など道路網が整備された今は別に問題でもない)。
2000年頃まで、途中からホームが短いため4両編成が入れず途中駅で乗り換えを余儀なくされたり、日中15分に1本で来る区間が限られておりそれ以外は30分に1本しか来ないという感じだった。しかしその後ホームを延長して4両編成で全線運転して乗り換えをなくしたり、15分に1本で走る区間を大幅に延長するなどしている。利便性という点だけを見れば以前より大幅に向上している。しかしどうにも、その改善策は実を結ばなかったか・・・。
ワンマン運転、駅無人化なども進めてきたがそちらはほとんどやり尽したかのような感で、2012年にはついに、運行面では昼間時間帯を中心に乗客の少ない区間を大幅減便(15分に1本だったのが、わずか4分の1の1時間に1本にまで減便!)したほか、昼間の電車のほぼ半数は急行に格上げし乗客の少ない駅を通過とすることで一応の速達化も図ったものの、どの程度まで行けるかと行った所だ。

鈴蘭台を出て急坂を登って行く粟生線列車。

IMG_7007

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 兵庫, 神戸電鉄, 粟生線, 近畿, 都市近郊   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です