下関へ

小野田からまた戻るように山側へ戻り、新幹線と合流して厚狭へ。ここは1999年に新幹線が停車するようになった。
だいぶ日が西に傾いてきた。夏場とはいえもういい時間だ。
小刻みにカーブとトンネルが続く。こちらが山側だからかは分からないが、車窓から人家はあまり見えない。海も近いし道路も通ってるから、それなりに人口はあることだろうが。

IMG_7422

117系とすれ違う。色が黄色じゃないせいもあってか、なんだか珍しい。いやあ、別にそんなにイヤがってる訳でもないんですけどね…。

小月、この先合流する山陰本線が近いせいかは分からないが、気動車を見かけるようになった。

IMG_7425

 

長府を過ぎる。下関が近づいてだいぶ西へ来た感じがする。本州ももうすぐ終わりだ。
新下関で新幹線と再び接続、新幹線ならここで本州の駅は終わり、次はもう新関門トンネルを抜けて小倉である。
幡生で日本海沿いを走ってきた山陰本線と合流、もう本州等の西端部であり駅の東側は瀬戸内海だが、西側は日本海である。地図を見てみると日本海沿いにずっと南下してくる山陰本線に、ここまでほぼ西向きに進んで来た山陽本線が合流する形である。ここで西側の陸地が途絶えて、進路は南向きになる。
そんなところもあってつい本州最後の下関駅が本州最西端と思いたくなるが、実際は少し西側へふくれつつ下関へと南下してくる、山陰本線の梅ヶ峠駅が最西端である。
端っことか一番とかいうと「どこだどこだ」となるのはご愛嬌!ともかく一駅走るといよいよ本州最後の駅、下関である。

IMG_7427

 

かつては東京から九州方面への名だたるブルートレインは言うまでもなく、普通列車もここを越えて九州へと「越境」していた訳だが、東海道・山陽方面のブルートレインが消滅、普通列車もここで全て乗り換えになってしまい、現在ここを越えて直通運転する営業列車は存在しない。
ターミナルとしての貫禄は十分、構造的にも昔ながらの高架駅という感じで、古き良き国鉄の駅といった面影を特に残しているところがいい。

IMG_7426

IMG_7429

IMG_7436

 

 

IMG_7432

昔からある時計だろうか。好きだなぁ!

さて、ここで小倉行きの列車に乗り換え、九州に突入する。

IMG_7433

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR西日本, 中国, 山口, 山陽本線, 都市近郊   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です