熊本観光

市電に乗って熊本城へとやってきた。日本三名城に数えられているとあって一度は行ってみたい所である。
城の有る所が丘のようになっているようで、天然要塞的に高い石垣と結構な数の石段で天守閣へ続く。なのでそこまで行くだけでも結構一苦労だったりする。さして詳しくないもので非常に僭越だが城造りの名人と称される加藤清正の築城ということはあるようだ。夏真っ盛りと有ってこれに暑さがまたのしかかる。天には遮るもの一つなくギラギラ日差しが容赦なく照りつける。とても「城攻め」なんて威勢のいいものではない・・・(笑)

IMG_7498

 

 

IMG_3087

ようやくたどりついた天守閣、ちょっとジュースで一服して中へと入る。
6階建てになっていて最上階からは熊本市街を一望出来る。かなり登っただけ有って相当見晴らしが良く、熊本市街地や周囲を取り囲む山々を見渡せる。城の周囲の中心街のビル、マンション群はざっと見る限り高いやつで15階くらいはありそうだが、それらをも凌ぐ高さがある。もっとも城の周囲は高さ制限が敷かれていて眺望に配慮しているという事情もあるが、後で見てみると天守台の標高が約50m、天守閣の高さが32mだそうで最上階の高さは80mほどということになり、この眺望に見合うだけの高さを十分に持っていることがわかる。大阪城、鶴ヶ城、松本城など旅する中でいくつかの城を回ったことがあるが、ここが一番見応えが有った気がする。

IMG_3642

IMG_3640

 

見物を終えて街のそば屋へ待避する。暑い暑い!名城は甘くない!www
食べ終えたらいよいよ最終目的地の阿蘇へ向かう。市電で熊本駅へ一旦戻り豊肥本線に乗ることにしよう。後で気づいたら、熊本駅とは逆方向の新水前寺へ行けばそこで乗り換えられたんですね(その方が早かった!)。まあ、初めてだし別にいいや。

IMG_3092

 

というわけで舞い戻った熊本駅。中央に堂々と構える鹿児島本線対し豊肥本線は駅南端の本当にはしっこのホームから発車。案内を見ないとちょっとわかりにくい。それに発車案内ののりば表示が「0B」とある。「オービーってなんや?ゴルフじゃあるまいし」と考え込むが「ゼロビー」であった。まあそんな小咄はさておき2両編成の普通列車に乗り込む。これで肥後大津まで行ってそこで阿蘇、大分方面のディーゼルカーに乗り換えである。

IMG_7530

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 九州, 熊本, 熊本市電, 路面電車   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です