阿蘇へ(1)

熊本から豊肥本線に乗車する。阿蘇を越えて熊本と大分とを結ぶ路線である。全線単線で普通列車が主体だが、観光地阿蘇等を抱えているということで特急『あそぼーい』、『九州横断特急』など目玉列車もある。以前は特急『有明』が熊本から光の森まで乗り入れていた。

熊本から肥後大津までは熊本市やその周辺の市街地を主に走っており、電化されていて2両か4両のワンマン列車が主力である。都市部を走ると有って通勤・通学の足ともなっており朝は10分に1本くらいあるし、昼も20〜30分に1本くらい運行されている。

熊本駅の次の駅はズバリ「平成」。平成4年に開業した駅だそうだが、駅名の由来はあくまでこの辺りの地名が平成だからということらしい。。。

IMG_3101

 

南熊本、新水前寺、水前寺と続く。市街地を走るとあってか駅間はあまり長くない。新水前寺は市電との交点にあり乗り換え駅になっている。市電をまたぐためこの路線では珍しい高架駅となっている。市の中心から少し離れてはいるが駅周辺はビル、マンションなどの立ち並ぶ市街地。
新水前寺を過ぎると高架を降りてすぐに水前寺に着く。乗客が多いようで結構人が乗ってくる。熊本行き列車を待つ人も多かった。
次は東海学園前、文字通り東海大学が隣接している。東海大学といえば神奈川県、小田急線にある東海大学前駅があって、名前が似すぎている。ここも割と新しい駅で、熊本側の豊肥本線には新しい駅が比較的多い。
ちょっと走って竜田口、市の郊外へと近づいて来て国道バイパスなんかも通っている。そしてこの辺りから市の周辺のニュータウン、新興住宅地といった区域に入るようだ。しかし、どうにもイメージ先行しすぎて非常に申し訳ないと思うのだが、九州にはまるで縁がなくこの路線も初めて乗るもので、最初は、熊本駅から数駅離れると田園が広がってくるのかなという感覚でいた。だが乗ってみると熊本周辺はかなり都市化が進んでいるようで、熊本駅から離れてもマンションや住宅地が絶え間なく続いている。熊本の街の大きさに驚かされるところであるし、同時に地図で見ると市から割と近いはずの阿蘇へ、本当に向かっているのだろうかという感じもしてくる。どうにも、中心の駅から何駅か進むと街が終って、遠くに山をみながら田畑の広がる地域を走って、徐々に山へと登って行くような固定観念がついてしまってならない。関東平野に住んでいるせいもあるのだろうか。実際乗ってみて思ったのは、熊本と阿蘇の関係は関東でいえば新宿と高尾山との関係に似ていると思う(広い関東平野といえど、東京都心から西側の中央線の方角だけは40kmくらいで山に入る)。そんなに長くない平野の地域、山麓付近にまで市街地が広がっていて、そこからいきなり山に入るような形である。
ちょっと駅間が長くなって、武蔵塚を過ぎる。「武蔵」というと関東では旧国名の「武蔵」を冠した「武蔵○○」という駅をよく目にするが、ここの「武蔵」はもちろんそちらではなくて、剣豪宮本武蔵の墓とされる武蔵塚から。しかし、駅周辺はまるで名ばかりと言わんばかりに、マンションが建ち並ぶ。

 

IMG_3103

光の森駅。平成18年に開業したばかりの新しい駅。「光の森」とは駅周辺で開発されている住宅団地のこと。なんともロマンチックな名前だが、こちらも駅周辺マンションやらロードサイドのパチンコ店などが並ぶ新興住宅地といった感じの場所。このあたりは通勤路線なんだということを実感させる。ここで九州横断特急と交換する。
すぐ三里木に着くが、やはりあまり大きく変わらない。こういっては何だが、先に乗った鹿児島本線の久留米〜大牟田間の方が、かなり長閑な風景であった。富士フイルムのデカい工場の横を過ぎて行く。ここで少し町並みが途切れて田園が広がる。今まで町が続いてきただけに、なんだか妙な気もしなくもない。昔はきっと市域ももっと小さく、農地の占める割合ももっと大きかったのかもしれない。本当に波が押し寄せているかのように変わってきたのだろう。
原水を過ぎ、家並みの密度はだいぶ小さくなり郊外へ出てきた感じがする。それでもこのあたり南側には国道57号線が並行していて、そちらの方は結構な町になっている。次はこの列車の終着である肥後大津だ。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR九州, ローカル線, 九州, 熊本, 豊肥本線, 鹿児島本線   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です