天神へ

太宰府訪問を終えて再び西鉄に乗る。福岡へ戻ったら博多に出て新幹線で一気に東京へワープ、この旅もついに終わりが近づいてきた。
二日市へ戻り、天神大牟田線の急行で福岡(天神)へ向かう。昼間の急行は主に3000形が使われる。以前使われていた2000形の設備に準じた3扉クロスシート車である。西鉄では初めてステンレス車体を採用しており、それまでのアイスグリーンにボンレッドという外観の通勤車両とは一線を画している。
国道3号や九州自動車道と並行して走る。下大利に停車、この辺りから高架化工事が行われていて、仮線の工事の最中であった。大都市の通勤路線となれば必ず持ち上がるのが「開かずの踏切」問題、西鉄も例外ではなく福岡都心部を中心に高架区間を年々延ばしてきた。
春日原停車、沿線は完全に福岡市のベッドタウンといった感じだ。ラッシュの混雑も結構なものだろう。
この先で福岡市に入る。読みの難しい雑餉隈(ざっしょのくま)を通過、ここで先ほど試験場前付近で渡ったJR鹿児島本線を再び渡って西側へ出る。その後同線は博多を、こちらは天神を目指しテリトリーが分かれていく。
井尻の先で九州新幹線をくぐり、その先は終点福岡(天神)までずっと高架になる。大橋に停車、この辺りまで来れば沿線は完全に大都会、福岡市街地の風景と化しており、高速道路沿いかと思う程沿線にはビルやマンションが立ち並んでいる。夜は夜景が奇麗かもしれないな。
最後に薬院(やくいん)に停車、福岡(天神)の一つ隣の駅だが、現在は特急を含めて全ての列車が停車する。天神にほど近い都心の地域であり乗降客が多い。天神のエリアが広がり、ここを最寄りとする企業や商業施設等が増えているのだろう。以前から福岡(天神)駅がターミナルの機能を請け負い乗降客数で群を抜いてはいるものの、ここ数年薬院駅の乗降客数が増え、福岡(天神)駅は今もトップではあるものの、乗降客数自体は大きく減少しているようである。上り列車からの下車、下り列車からの乗車が多い。

薬院を出た電車はさほどスピードを出さずに終点到着モードで進む。都心を900mほど走行、バスターミナルへのアプローチが上がってきて駅ビルに突入し、ターミナルの福岡(天神)に到着する。駅は1997年にリニューアル、場所も少し移転して現在の場所(ソラリアターミナルビル)になっている。3面4線の都会的なターミナル駅、博多駅と並んで150万都市、福岡の「顔」という感じがする。

 

IMG_3250

IMG_3253

福岡(天神)ターミナルと3000形急行。3000形は西鉄初のステンレスカーでシルバーメタリックのボディーをしている。首都圏ではくさるほど見られるような車両だし、今までステンレスのなかった西鉄だけにちょっと味気なさを感じてしまうところだが、都会のターミナル駅にこうして止まっていると違和感なく感じられてしまう。ところで、青色のラインを締めている所が都営三田線の電車になんだか良く似ている。伝統色のアイスグリーンでないのは、ステンレスに使うには色が薄すぎただろうか。

 

IMG_3262

天神の街、街の賑やかさもそうだが、交通の賑やかさも凄く、特にバスが多い印象である。西鉄がバスを運行しているが福岡市の地下鉄とは激しく競り合っているようだ。今回はライバルの地下鉄で移動するのだが。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 九州, 天神大牟田線, 福岡, 西日本鉄道, 都市近郊   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です