飯田線の旅(2)

IMG_3163

IMG_3166

IMG_3173

ゆっくり発車してポイント群を渡る。右手(進行方向、以下特筆ない限り略す)は車庫か。飯田線用の車両達が休んでいる。先にも書いた通り小坂井手前までは名鉄と同じ線路、左側には東海道線も並行している。色々すれ違って賑やかではあるが、逆に言うと都会的であまり特徴はないかもしれない。ここだけ見るととても秘境へ向かう路線とは思えないだろう。
最初の駅、船町に停車。小さな駅で上下線の間にホームがあるが、めちゃくちゃ狭い。豊橋に近いためか結構乗客がいる。ただ、次の下地も含め停車するのは原則豊川止まりの列車で、それより先へ行く列車は朝、夜の一部を除き通過する。なので使える列車は1時間2本程度(日中、30分間隔)である。また、同じ線路を走る名鉄線は全ての列車が通過する。上り線には213系の豊橋行きが停車した。恐らくこの後これの折り返しに乗るのだろう。
船町を発車するとすぐに「まもなく下地」の放送。鉄橋で豊川を渡るが、終るともう下地である。わずか0.7km。私鉄発祥のこの路線は駅間が短い。ローカル列車好きにとっては、それも楽しい所だ。下地は「しもじ」と読む。この路線だけで駅名クイズが出来そうなほど、難読駅&逆に漢字が浮かばない駅は多い。
駅停車中に東海道線の311系が通過、発車後今度は上り線の名鉄特急とすれ違い、とこの区間はせわしない。だがそれもここまで。豊川放水路をトラス橋で渡るとまずは東海道線と、続いて線路を共有してきた名鉄線と分かれる。山へ向かうべくこちらは大きく右カーブする。
分かれてすぐ、普通列車が全て止まる牛久保、次はこの列車の終着豊川である。ここで一旦下車、次の上諏訪行きに乗り換える。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東海, ローカル線, 中部, 愛知, 飯田線   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です