中央線E353系

JR東日本では現在中央線の特急『スーパーあずさ』に使用しているE351系について老朽化のため、新型E353系を投入することとし量産先行車を2015年3月(来年度末)に12両投入する。
山岳区間が大半を占めており曲線の多い中央線、E351系では振り子を採用して車体を傾斜させていたが、E353系では空気ばね高さ制御により対応するという。ほか、車内照明にLEDを採用し、防犯カメラ、空気清浄機、電気コンセント等最近の車両のトレンドとなっている設備も一通り持ったものとなるようである。最大12両編成を組成するがE351系の8両+4両の組み合わせに対し本形式では9両+3両の構成となっている。このあたりは現在使われているE257系(9両+2両)に近づけたものともいえようか。
筆者も幼少の頃より中央線の特急を見てきて、E351系も1993年登場で当時まだ出来立ての新車だった訳だが、もうそんな年になったんですね。鉄道車両の寿命は20年ちょっと、更新すればもっと使えるものの特急車両は走る距離も長いし経年により設備劣化したり時代のニーズに合っていないなどでやはり比較的早めに置き換えということになるんでしょうか。NEXの253系も置き換えられましたしね。房総方面の特急車255系も同期ですが、そちらももうそろそろなんでしょうか???

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, 中央本線, 特急   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です