琴電志度線(2)

五剣山(八栗山)が見えてきた。山の中央に岩肌の露出した峰が突き出ているという異様な外観をしている。名前はそこからついたようだ。

IMG_4724

 

五剣山登山のため八栗で途中下車する。
ちなみにことでんでは普通乗車券に限り本当に「途中下車」ができる。途中下車可能な駅は指定され、かつ指定駅が購入したきっぷと同じ金額のエリアにある場合は途中下車不可、という条件になっている。ここ八栗も途中下車指定駅である。

IMG_4727

IMG_4728

 

IMG_8381

五剣山には登山口から八栗ケーブルが運行されているが、登山口に向かう公共交通はなく、タクシーに乗るか20分程歩く必要がある。登山のスタート地点である割に、駅は小規模だし駅前広場やバス乗り場も一切ない。
駅舎から延びる道を進み、突き当りを右に曲がる。一帯には源平の屋島の合戦の史跡が点在する。こちらは平家の総門跡。

IMG_4730

IMG_4731

 

総門前を過ぎて右に曲がる。県道の交差点の所に公園・資料館の案内とともに「八栗ケーブルのりば」の案内。しかしここからだいぶある。それも、上りが・・・。

IMG_4734

 

県道なので歩きやすいが、ひたすら上りが続く。振り返ると町を見下ろせるくらいになってきた。はあはあ…。

IMG_8384

 

やっとのことで山上、ではなくて登山口に到着…。立派なつくりの駅で広々としているのだが、本当にバスなど何もいない。徒歩がきつければ自家用車かタクシーを使うしかない。自家用車で来る人は多いのか駅前は駐車場になっている。

IMG_4735 - コピー

 

IMG_4737 - コピー

ということでやっとケーブルカーに乗り込む。山上には四国八十八箇所第八十五番札所の八栗寺がある。行けるのはお寺の所までで、山頂(岩場)へは危険なので行くことはできない。

 

IMG_8398

ケーブルから眺めた屋島。行ってみたかったが今回はそこまで時間がないので、またの機会に。

 

IMG_4745

八栗山上駅。出たところは八栗寺の境内になっている。本来は下から登山するようにたどってくるため、駅から本堂へは少し離れている。

 

IMG_4749

IMG_4747

岩山をバックに展開する八栗寺、よくこんなところにお寺があるというような景観だ。まあ、東京の高尾山も山上にお寺があるが、こちらはちょっと地形が厳しい。古来からの山信仰というのが、大変よくわかる景観。山頂の峰々も、自然のダイナミズムを感じられる。ちなみに五剣山という通りかつては本当に峰が五つあったそうだが、一つ崩壊して現在に至っているらしい。

 

IMG_4751

お寺からの眺め。

 

すっかり日暮れになった。さ、ことでんで夜の瓦町へ繰り出すとしよう(笑)。

IMG_8404

IMG_8410

IMG_8412

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 八栗ケーブル, 四国, 志度線, 都市近郊, 香川, 高松琴平電気鉄道   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です