Suica利用駅追加と大都市近郊区間拡大

3月15日にダイヤ改正が行われ『あけぼの』廃止などで湧いたJR東日本ですが、4月1日からSuicaの利用可能駅追加とそれに伴う大都市近郊区間拡大というサービス上の変更があります。Suicaは首都圏、新潟、仙台のそれぞれの都市圏で利用可能ですが、首都圏エリアでは中央本線の韮崎(山梨県)以西の一部の駅と篠ノ井線松本駅、茨城県の水郡線の一部の駅が追加、新潟では信越本線や羽越本線の一部の駅と上越線小千谷駅、仙台では東北本線一ノ関と平泉、磐越西線・仙山線・陸羽東線の一部と奥羽本線山形駅が追加されます。いずれも特急停車駅や主要な駅などに限られており相当飛び飛びで、実際利用するとなると最短で行けるsuica利用可能な駅まで結構な額を取られることにはなります。まあ残額がある分には利用できるということですから、追加される駅ではきっぷの購入の必要性も減り利便性も上がるということでしょうかね。ちなみにこの追加に伴い特急『あずさ』が走る中央本線(中央東線)・篠ノ井線の新宿~松本間はまるっとSuicaエリアになってしまいます。
またこれに伴い、大都市近郊区間も東京、新潟でSuica利用可能範囲の新たな限界まで拡大されるほか、従来なかった仙台にも新設されることになりました。JR東日本では松本までSuicaが使えるようになるため、中央東線が全線近郊区間内に入ります(岡谷~塩尻間は新旧2ルートありますが両方とも入ります)。大都市近郊区間内では、乗車経路に係らず最短経路で運賃計算、乗車券の有効期間は距離に係らず買った当日のみ、途中下車も不可、となります。乗り鉄的にはこのルールのおかげで「大回り乗車」が成立する訳で、ルートの変化がまた気になるところでしょうかね。一方で途中下車のできる駅がまたなくなるのが、また寂しい所でしょうか。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です