特急『南風』で高知へ(1)

宇多津から特急『南風』で高知へと向かった。丸亀の先で高架をおりあっという間に多度津、
車掌アナウンスが四国訛りで面白い。
多度津から左カーブして土讃線に入る。しかし、速い速い。

山並みが迫ってくる。昨日から見ているがこのあたりの山は形がどれも特徴的で面白い。たいがいとんがっていてなだらかなのは少ない。成立過程によるものだろうか。
弘法大師ゆかりの善通寺、こんぴらさんで有名な琴平と過ぎていく。

IMG_4802

 

ここからは非電化区間になる。町を外れて田園広がり、気持ちの良い風景。狭い地形になってきて山越えムードがし始める。
結構カーブするが、振り子車体のためかスピードは極端に落ちない。その変わり傾きが大きいが。讃岐財田の先でトンネル連続区間に入り、進行方向左は完全に崖になった。高知の重要幹線である土讃線だが、電化されているのは今も香川県内の多度津~琴平間だけ。琴平から先は高知に入るまで山間部が続き特急以外の利用客が少なくなるのと、トンネルが非電化時代の規格のままということが影響しているようだ。なおこれより先徳島県に入る。
やがて車窓下の方に山に囲まれた町が見えてくる。三好市の市街地である。思わず飯田線の水窪あたりが一瞬想起されるが、かなり規模が大きい。土讃線はちょうど街を回り込むようにU字型に走っており、山を降りてくるとU字にカーブして徳島自動車道と共に吉野川を渡る。渡った先で徳島線と合流する。合流した地点には佃駅があるが両線とも特急列車は通過し、一つ土讃線を走って阿波池田に停車するためそちらが実質的な乗換駅になっている。このため土讃線と徳島線の乗継では佃~阿波池田間で区間外乗車が認められている。

IMG_4806

 

阿波池田は三好市の中心駅、徳島線との接続駅ということもあり結構な乗客がある。徳島線の特急『むろと』と接続し乗車があった。ちなみに地図を見るとこのあたりの地名、「池田町ハヤシ」、「池田町イケミナミ」、「池田町トウリン」など、どういうわけかカタカナ地名が並んでいる。極めつけは駅周辺の地名で「池田町サラダ」、思わず首を傾げたくなる。
いくら市街地とはいえ周囲は完全に四方八方、山であり阿波池田を出るとすぐにまたトンネルに突入する。吉野川の右岸を走る。速度はある程度出ているものの沿線は険しく、川も渓谷という感じになってくる。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR四国, 四国, 土讃線, 徳島, 特急, 香川   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です