飯田線の旅(15)

IMG_3400

IMG_3397

下島を過ぎると遠くに山々を見ながら住宅街を走り抜けて伊那市へ向かう。川を渡るとさっきまで右手遠くに見えていた市街地が近づいてくる。
秘境駅の続く大嵐〜天竜峡間を山岳区間のハイライトとすれば、このあたりは都会区間のハイライトと言えるだろうか。列車は工場の間、家々の間、ホームセンターの横を「お邪魔しまーす」と言わんばかりに窮屈そうに通り抜けていく。いかにも都会の私鉄でよく見られそうな光景である。やはり元々私鉄だったからだろうか。そうこうするうちに伊那市駅に到着、大勢の人がここで一斉に降りる。浴衣達もここで降りたのでやはり祭があるのだろう。商店の間をまた邪魔そうに(笑)走ると伊那北。ここも駅は賑わっている。しかしまあ、田園あり秘境ありと思ったら都会もあり(!)と、この路線の見せる景色のギャップは本当に甚だしい。ちなみに、家並みやビル等目まぐるしく変わる町の中を走るので、この辺りの写真を走行中に撮るのはちと無理だった。やはり伊那市で降りて散策しながら撮るべきだろう(なので今回割とまともに撮れた写真があまりなかった。すんません)。
まだ住宅が続くが、田畑も増えて山も迫ってくる。おっと、次の駅は、田畑(たばた)。その名の通り(と言い切っていいのか・・・)駅周辺も、田畑!
田畑が続いたかと思ったら次の北殿(きたとの)は工場が目立つ。そういえば長野中央部も工業地が多いしね。並行する国道に辰野11kmの文字。ついにきた。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東海, ローカル線, 中部, 長野, 飯田線   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

飯田線の旅(15)” への3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です