宇都宮餃子を食いにいく旅(2)

日光線南栗橋で普通列車に乗り換え進む。次の栗橋ではJRからの乗換でちょっと人が増える。車窓はすっかり田園がメインになっている。線形よく気持ちが良い。利根川を渡る。
板倉東洋大前、ニュータウン分譲中!快速停車駅でもあり、まとまった乗降がある。渡良瀬川渡る。しかしこのあたり、家並みは駅周辺を除くと少ない。これで1両か2両のディーゼルカーであればまた違った趣だったかもしれないが。。。
左前方に足尾山地が迫ってくる。太平山も近い。町になって、静和。だいぶ下車客いて一気に座席が空く。田園広がり気持ちが良い。ぜひともこんな恵まれた所で一枚撮ってみたいと思うが、普通列車は30分に1本しかないのでよく後の行程を考えて降りないと、どれりゃーことになるのは間違いない。
新大平下で特急の通過待ちをする。ハイスピードで『スペーシア』が通過してった。

IMG_5821

IMG_8913

IMG_5823

次の栃木で宇都宮線に乗り換える。お隣のJR両毛線ホームにかつての常磐線フレッシュひたちで活躍したE653系がいて驚く。快速足利大藤まつり号として臨時で乗り入れてきたらしい。
8000系4両のワンマン列車に乗る。

東武宇都宮線は、日光線の新栃木駅から分岐、栃木の県都宇都宮へ向かう路線。起点は新栃木だが列車のほとんどは一駅日光線に乗り入れて、栃木から出ている。栃木市の中心部であり新栃木よりも乗客数が多いし、特急『スペーシア』も停車するのでその接続を考慮してのことでもあろう。大抵の場合栃木で浅草方面の特急や普通と接続している。
宇都宮に乗り入れる路線ではあるものの完全に支線区のような状態であり、全線単線、本数も日中30分間隔と少ない。浅草からの乗り入れは特急『しもつけ』が朝上り1本、夜下り1本あるのみ。かつては一般の列車も準急が乗り入れていたが2000年代初頭には廃止されている。というわけで東京から宇都宮まで東武だけで行けるのだが、どうにも影が薄く東武利用者以外にはあまり知られていないのではと思う。各駅の乗客数も減少傾向、他の東武の支線同様ワンマン運転化、などどうにも明るい話題がなく、厳しい事情抱えるローカル路線と化している。
ちなみに以前は東武の中では終電が早い路線で(というか関東一円の鉄道の中でも相当早いかと…)、手元の昔の時刻表(2001年3月)を見てみると当時下りは栃木22時17分発、上りは東武宇都宮22時22分発と、22時台で終わっていたのが分かる。下り栃木発は浅草21時発最終の特急『けごん』41号から接続していた。その後、浅草22時発の特急『けごん』237号が新設されたことを受けてか、現在は下り栃木23時12分発、上り東武宇都宮23時4分発が終電になり晴れて(?)23時台までやるようになった。東京近郊で飲んだくれて東武宇都宮線で帰宅、なんていうと結構大変なものだ(この路線での東京への通勤者もそれなりにいるのではないか、と思われるが)。
前置きが長くなったが宇都宮へ向かうとしよう。

IMG_5824

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: ローカル線, 埼玉, 宇都宮線, 日光線, 東武鉄道, 栃木, 群馬, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です