朝の四万十から(4)

江川崎を出る。なおも川沿いを走るが、四万十川は江川崎駅付近で予土線と分かれて既に南下しておりまた別の川のようだ。西ヶ方を過ぎ、次の真土との間で県境を越えて愛媛県に入る。このあたりから山との距離が少し広がり、宇和島の海の方へ下っていく感じになる。沿線には集落も増えてきて乗客も宇和島に向けて増えていく。真土では数人の乗車、少し走って吉野生(よしのぶ)、松丸と過ぎ、駅間も予土線にしては比較的短い。ついでに線路の規格も低いようで列車はそれまでとはうって変ってスローペースで走る。沿線の様子の違いもあるが路線の成立過程の違いもあり、予讃線接続の北宇和島から吉野生までは戦前に宇和島鉄道として開業し後に国鉄路線となったもので、そこから東の窪川方面は戦後になって国鉄により新規開業した区間となる。速度の違いがあるのはそのためのようだ。

 

IMG_0057

完全に里の景色になり、道路も並行する。集落も多い。地形もだいぶなだらかでトンネルもない。飯田線とかでも見られるようなごく普通の田舎列車の光景。出目、近永とすぎる。速度はとろいが、逆に駅間がやや短くなるのでそんなに長いとは感じない。地元の利用増え学生多くなる。宇和島に向かって一駅ずつ増えていく。近永も予土線の中では主要な駅で、宇和島へ折り返す列車が何本か設定されている。ここまで3時間ほど列車がない区間だったが、ここから先は1~2時間に1本程度の頻度で運行される。鬼北町の中心的な駅で北宇和高校が駅前にある。

IMG_5035

 

深田〜大内間で宇和島市に入る。伊予宮野下で交換のため6分停車。ここで席はほぼ埋まる。少しホームをぶらぶら。

IMG_0058

IMG_0059

IMG_0060

 

行き違ったのはホビートレインだった。でも車内から撮るのがやっと…。

IMG_0067

 

しばらく走ってすぐ務田、純粋な予土線の駅としては最後の駅。ここまで穏やかな里の風景だったがこの先で久々にトンネルをくぐって山林に入り、崖にへばりつきながら蛇行しつつ走る山間ルートになる。もっとも四万十川流域ほど険しい場所ではないし、道路も並行している。
速度が遅いせいもあってか、駅間相当長く感じる。今までの何倍もある。10分近く走ったか、ようやく里の方に下りてきて、予讃線に合流し、北宇和島に着く。ちょうど予讃線の伊予市行きが待っていた。

IMG_0068

宇和島は海沿いだが、このあたりも決して広くはないようだ。北宇和島の周囲も山だ。
ここから一駅だけ予讃線を走行、町になってすぐ終着の宇和島に到着。

高松から走ってきた予讃線もここが終点で、四国島内の鉄路の最果ての駅の一つになっている。ホームは行き止まり式だ。現在高知県内は宿毛で終わっている宿毛線(開業区間は土佐くろしお鉄道が運営)は、もともとここまで繋げる計画だったらしいが未成に終わっている。この宿毛線の未成区間と、高知県内の室戸岬方面の鉄路(現在の阿佐海岸鉄道の甲浦から、ごめん・なはり線の奈半利までの間)がつながっていれば、四国島の沿岸部を一筆書きで一周できる周回ルートが完成、となるはずだったが…夢に終わってしまったようだ。

IMG_0071

IMG_0069

IMG_0072

 

駅前に出てみる。駅ビルになっていて上はホテルになっており結構な規模だ。背の高いパームツリーも印象的。冬だったが暖かく南国に来た感じ。ちょうどお昼になったので駅弁ないかとみてみるがここは現在残念ながら売っていないようだ。駅ビル内の売店にちょっとした弁当かベーカリーでパンが調達できる程度。パンもよかろうとベーカリーに入る。

IMG_0076

IMG_0077

 

宇和島は闘牛でも知られ、市営の闘牛場で定期的に闘牛大会が行われる。人対牛ではなく牛対牛の戦いである。ウッホウッホ!

IMG_0074

 

こちらは宇和島鉄道時代の蒸気機関車のレプリカ

IMG_0075

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR四国, ローカル線, 予土線, 予讃線, 四国, 愛媛, 高知   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です