愛ある伊予灘線

いきなり何だといわれそうだが、こやつはれっきとした路線の愛称でござる!少し前に四国は予讃線の特急『宇和海』で宇和島から松山方面への移動を取り上げたが、予讃線は途中伊予大洲で分岐して向井原まで新旧二つのルートに分かれている。2014年3月15日のダイヤ改正で、海側を通る旧線の方に『愛ある伊予灘線』の愛称が付けられた。まあこの区間の大半はこのあたりの予讃線にしては際立って海沿いを走る所であり、西を向いてるということもあって夕日も美しいんだろうし(前に取り上げた伊予鉄道梅津寺駅も同じ並びですしね。あそこは東京ラブストーリーのロケ地になってました)、そんな名前を付けたくなるのかもしれませんが。2014年夏からは観光列車『伊予灘ものがたり』の運行も予定されている。

というわけで今回は伊予大洲から愛ある伊予灘線のルートの方に乗ってみる。
伊予大洲から旧線経由松山行きに乗る。キハ32-2、オールロングシート。乗客は10人ほど。
内子線を含む山側の新線ができてからというもの、特急列車は一切この区間を通ることはなくひたすら普通列車が走るのみである。本数も1日わずか10本程度、昼間は2時間ほど来ない時間帯がある。予土線といい勝負か。本線格だし松山に割と近いはずなのだが、新線に代わられてからはまるであっけなくローカル支線に成り下がっている。観光列車運行もしつつなんとか活性化したいと思いたくはなる所。

伊予大洲からしばらく走行して新線と分岐する。分岐のなかったころは線路はまっすぐ進んでいたようだが、分岐を設けるにあたって新線をメインにするため、現在は線路がいったん進行方向右に少し逸れてからポイントになり、新線は直進、旧線が左側へと分岐する構造になっている。完全に枝線待遇といえる。
分岐後程なくして55キロの左カーブを過ぎて五郎。行き違い駅だったが宇和海方面のりばは廃止、線路も撤去されてしまっている。かつてはここから内子線が分岐していて、当時は内子が終点でただの支線だった。
山をすぐ後ろに背にして川沿いに走る。予土線に似てなくもない。
しかしトンネルないし駅間も割と短い。その分遠回りだろうが。急なカーブも多いので特急が走ったとしてもスピードは出せないだろう。
左には川と県道24号が並行している。その外は両側とも山、あとは駅付近に集落といった感じだ。レールのリズムがいい。ローカルムードを掻き立てる。

 

IMG_8622

長浜町に入って、ようやく行き違い駅の伊予白滝。反対列車は来ない。流れの広いところを通って、伊予出石(いよいずし)。
少し登りになる。
それにしても川幅広くは水も綺麗だ。そしてその先海が見えてきた。
ようやく海沿いの街に入り、伊予長浜。
予讃線ではあるが、例によって海辺の崖に面した猫の額ほどの地域を狭苦しそうにゆくので、たたずまい的にはローカル私鉄っぽい。
反対側には宇和海行きが止まっておりここで伊予大洲をでて初めての行き違いとなった。それほど列車は来ない。何人か乗って20人近くなった。
海の手前が工場や倉庫などで埋まっている。あまり綺麗な眺めではないが松山が近いことをうかがわせる。
すぐ右はずっと崖になっていて、シェルターやトンネルをくぐる。その先でようやく完全海沿いになる。崖の上のポニョ、と言いたくなりそうな…。そんなところに喜多灘駅。県道を挟むので昨日の梅津寺には勝てないがここも目の前海だ。
なるほど旧線回りもなかなか良いではないか!

IMG_5077

IMG_8625

IMG_8635

 

このあたりから駅間が長めになり、直線も多いので速度もちょっと上がる。
一文字の、串(くし)。下灘、親父が小舟で釣りしてる!

 

IMG_8636

遠く、海の右前方の陸地に街が見える。松山市だろうか。
しかし昨日の予讃線はほとんど海沿い通ってなかったが、今日は面白いほどずっと海沿いをいっている。
海を見下ろす高台の集落に出て、伊予上灘。海側も家や商店があるのでホームから海は見えない。ここでもまとまった乗車あり座席ほぼ埋まる。
トンネル抜けるとまた海だ!遠くに見えた海沿いの街が少し近づいた。高野川、こうのかわ。
高野川を出ると短いトンネルくぐり右にカーブして少し海から離れる。内陸の小高い山をカーブやトンネルでかわす。
途中廃駅と思しき、廃屋の付いた駅ホームらしいのを通過する、これはなんだろうか。後で調べてみたところ新線開業前に存在した三秋信号場の跡のようだ。

IMG_8637

 

上に松山自動車道が見えると右から新線が近づいてくる、こちらも高架に上がり新線に吸い込まれるように合流。片面ホーム高架駅の向井原に着く。海をバックに伊予市の市街地が広がっている。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR四国, ローカル線, 予讃線, 四国, 愛媛   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です