牟岐線(1)

徳島から紀伊水道沿いに徳島県沿岸部を南下する路線。徳島で高徳線、徳島線、鳴門線と接続するだけで他にJRの接続はない。終点海部では阿佐海岸鉄道と接続し一部列車は乗り入れているが、線路は完全にまっすぐつながれていて牟岐線の実質延長部であるし(もともと国鉄として建設されたもの)、同線の終点甲浦は接続する鉄道はない。高知で訪問したごめん・なはり線もそうだが、ある意味「盲腸線」みたいなものである。元は阿佐海岸鉄道の甲浦から室戸岬方面を経由して、ごめん・なはり線につないで徳島~高知を海沿いに結ぶ計画であったが、徳島側、高知側とも一部区間を第三セクターで開業しただけで終わり、現在に至っている。
特急『むろと』と普通列車が運行されている。『むろと』は未だ到達できていない室戸岬を名前にしている。
四国旅の夜間の行程に入ったので最初は阿南まで『むろと』に乗車。キハ185系。

IMG_5219

IMG_5220

 

徳島の夜景をみながら進む。特に次の阿波富田までの間は徳島市の中心街であることから車窓は賑わい、自然と夜景もにぎやかなものである。南小松島は小松島市の中心部で小松島港にも近い。が、かつて本州とを結んでいた小松島港フェリーは廃止されてしまっている。その後も割と海近くを進み、阿波赤石を過ぎて那賀川のトラス橋を渡ると阿南。今日はここで降りる。

IMG_5221

 

ちなみに昼の写真はこちら。

IMG_5289

IMG_5286

IMG_5287

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR四国, ローカル線, 四国, 徳島, 牟岐線, 特急   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です