阿佐海岸鉄道(1)

さて、四国旅は徳島県、JR牟岐線の終点海部までやってきた。ここで阿佐海岸鉄道に乗り換えてドン詰まりの高知県は甲浦(かんのうら)を目指す。
阿佐海岸鉄道は平成4年に開業した比較的新しい第三セクター、路線名は阿佐東線。実態的にはJR牟岐線と線路がそのままつながっていてそのまま延伸したような感じである。何度か触れてはいるが、高知県内の同じく第三セクターである阿佐西線(通称ごめん・なはり線)と対をなすもので、元は国鉄時代に室戸岬経由で高知方面の土讃線までを結ぶ計画だったのが、真ん中が未完成のまま今に至っているもの。

駅は起点の海部、途中の宍喰(ししくい)、終点甲浦のたった3駅しかないミニ路線である。駅数少なく日本国内では短い鉄道事業者の部類に入るが、営業距離は8.5kmと、一応それなりにはある。かつては和歌山県は紀州鉄道が2.7kmで日本最短だったが、平成14年に首都圏は千葉県に芝山鉄道が開業、途中駅のない鉄道で長さも2.2kmと最短記録を更新してしまったwww

IMG_5244

海部駅に並ぶJR牟岐線と阿佐海岸鉄道

 

IMG_5246

海部駅でJRを降り、構内踏切を通って乗り換える。高架駅だが構内踏切とは珍しい。見た目終着駅でなく途中駅のような構造だが、直通運転する列車はごくわずかで大半は乗換を強いられる。

短い路線で本数も少なく車両はたった2両しかない。が、2両とも種類が違っていてASA-100形とASA-301形が1両ずつ在籍している。かつてはASA-200形が1両あったが事故廃車になり、代替として廃止になった高千穂鉄道から車両が1両譲渡され、ASA-300形として導入されている。もっとも起点の海部駅以外は行き違いができない構造であり2両とも見る機会はほとんどないだろう。今回あたったのはこちらのASA-300形。

IMG_5273

IMG_5245

IMG_5248

車内は何やら電飾の配線が…。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: ローカル線, 四国, 徳島, 阿佐東線, 阿佐海岸鉄道, 高知   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です