八高線の旅(2)

拝島を出てさらに北へ進む。まだ八王子から3つしか進んでおらず都内を行く。
右カーブして青梅線から離れる。福生市に入り東福生。青梅線の福生とはあまり離れておらず、そちらの方が中心的で本数、乗降ともに多い。そのため駅は小さく、乗降も少なく基本的には無人駅である。
ここから先は米軍横田基地を横切るように走る。中を通っている訳ではなく、線路の部分だけは基地の外となっているようだ。さすがにそうでないと保守の時や異常時にはややこしいことになりますからね…。筆者はまったく無縁ではあったが、ベルリンが東西に分割されていた時は、地上の道路はもとより地下鉄路線網もある中での分割となり、西側に属する路線で東側の領内を通過する路線も存在した。東側に入る駅は幽霊駅としてすべての列車が通過し地上出入口は閉鎖されて立ち入りできず、また異常が発生した時は国境警備隊により誘導という手筈だったそうだ。シチュエーションが違いすぎるだろうが、国が違うと同じ土地なのにそんな状況になってしまうのだろう。

ちょっと日本とは勝手の違う住宅やホテル等の建物、それにちょっと余裕のあるように見える街並みが少し展開し、まるで異国の地を行くようだ。しかしここの街並みを見ていると、なんで俺たち日本人はこう狭いところに住んでるんだろうかと思いたくもなるwww

そんな異国の飛び地(?)は束の間で終わり日本の街並みに戻るw
瑞穂町に入り、横田基地の滑走路を回り込むように右カーブ、するとコンクリートの壁に挟まれて進むがこれはかつてのトンネルの跡。非電化だった頃、滑走路の直線上にあったこの箇所は飛行機の万一の部品落下等に備えてトンネルとなっていた。電化にあたり架線を設ける際に高さが足りず、また飛行機の安全性も高まってきたこともあり、天井部分が撤去されて壁面だけ残ったものである。ここは八高線で唯一のトンネルだったが、これにより消滅している。

トンネル跡を過ぎるとすぐ箱根ヶ崎。やたらと行き違いの線路が長い。10両以上は入れそうな気がする。駅舎が真新しい。ここで降りる人が多くあり一気に空席ができた。瑞穂町の代表駅。東京都の中でも23区を外れる多摩地域は、在住者や仕事や学校などで用がないとあまり馴染みがなくピンとこないこともあるかもしれない。割とメジャーな中央線沿線とか、街にスポットでもあればまだ分かりやすいのだろうが、いかんせん出身の説明に苦労しそうな所である。この辺りまで来ると余計にそんな感じがするかもしれない。
八王子から5個目、東京都内の駅はここ箱根ヶ崎までで、この先は埼玉県に入る。とはいえ入った所は入間市で、やはり埼玉県でも相当西になるのは変わりない。東北線や東武線などが通る中心部からは距離的にも遠く、自然を主体とした独自色が相当濃く出ていて文化的にもかなり違っている。いずれにしても関東平野の西の最果てを南北に走るこの路線の特色が良く出ているといえよう。
狭山茶でも有名な埼玉県、この先車窓には茶畑が広がり、名実ともに茶の産地であることが本当によく分かる。まとまった茶畑は産地でないとなかなか見る機会はなく、初めて見ると結構胸踊るかもしれない。八高線のハイライトの一つだ。

IMG_7745

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, ローカル線, 八高線, 埼玉, 東京, 群馬, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です