八高線の旅(4)

高麗川で高崎行きに乗り換える。ここからは非電化、キハ110系気動車。埼玉県で唯一の非電化路線である。ちなみに関東一都六県では、東京都と神奈川県が全線電化、他は非電化の路線が存在する。また東京都と神奈川県にしても全線電化となったのは平成になってからなので、こちらにしても実はそんなに古い話ではない。まあ、昔は電化=速度向上、輸送力の増強とかと結び付けられ、引いては先進的なイメージにすらつながっていたことだろう。しかし、気動車の性能向上があったり、今やハイブリッドの時代となりその手の車両も進出し始めているし、電化せずともある程度の改善は可能になったといえる。むしろ電化したほうが架線や変電所などの設備に初期、維持費用が必要になり費用対効果の問題が生じる。また架線関連のトラブルや、台風や地震災害時に倒壊し二次災害の原因となる可能性もある。そんな訳でハイブリッドカーの普及というのはこれからの一つの進化の形となるかもしれない。
すっかり前置きが長くなってしまったが高崎に向け進むとしよう。川越線が右に分かれてこちらはまっすぐ進む。非電化なので頭上には架線がなくすっきりしている。しばらく町をゆくもののやがて再び山越えチックになり緑に囲まれる。埼玉県内は山越え区間が多い。
キハ111-205以下2連の高崎行き。空席はあるが乗客が多めだ。むろん本数が少ないのをさっぴいて、のことである。高麗川までまで30分に1本だったのが、ここから1時間に1本、下手するともっと間隔が開く。車内はほとんどクロスシートでドア近くがロングシートだが、クロスシートは早々に埋まりロングシートに座る。しかしそれにしても座り心地がいい。

山を出ると毛呂、毛呂山町の中心的な駅で駅前は町になり、ある程度の乗り降りがある。しかし近隣を走る東武越生線に東毛呂駅があり、坂戸で東上線に乗り換えて川越、池袋に出られるため、そちらの利用客が圧倒的に多い。毛呂を出てしばらく走ると右から当の東武越生線が合流、並走する。複線のようの見えるがこちらは非電化なのに対し東武は電化されている。それに東武なら昼間でも15分間隔で、乗り遅れさえしなければ少し待てば乗れるレベルである。向かう方向や乗客数が違いすぎるので仕方がないとは言え、違いすぎである。
そしてその越生線と接続する越生、越生町の中心駅でそこそこ乗客は多いものの、乗客数では東武が圧倒的なのは言うまでもない。東武は運転本数が多い分、ホームには2本の電車が待機しているほどだ。一方の八高線ホームはかつて行き違いが出来ただろう構造だが、今では線路が一本撤去されてホームの反対側にはごく最近造られたであろう真新しくキレイな柵が造られている。というわけで、行き違いが出来ない寂しさである。

越生の町を過ぎてなお北へ進む。ログハウス風駅舎の明覚。ここで結構降りて一人用のクロスシートが空いた。気兼ねなく陣取る。
明覚を過ぎると八高線で最も長い駅間距離8.0キロを進んで小川町。ここでは先の越生線に続き同じ東武の東上線と接続する上、この先寄居までほぼ並行している。だが越生線同様、池袋につながっていて本数の多い東武が至極当然といった感じで、有利に展開している。まるで忘れられたかのような寂しさである。

IMG_7754-1

IMG_7755

IMG_7757

小川町駅。東武東上線と接続している。ターミナルで構内が広く乗客の多い東上線に対し、八高線では短く簡素なホームが一面あるのみ。行き違いはできるものの寂しく、人影もほとんどない…。JRと私鉄の接続駅では、大抵JRがメインで私鉄は地元ローカル線といった構図が多いが、ここでは完全に逆転している。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, ローカル線, 八高線, 埼玉, 東京, 群馬, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です