南海フェリーで四国へ(2)

和歌山港から南海フェリーに乗った今回の旅、2時間かけて徳島へ向かう。

淡路島を見ながら進む。
雲行きがあやしい。ポツポツくる。まあこの空模様ならそこまでひどくならないだろうが。
ちなみにソフトバンクは、圏外だすw

   
 

徳島港が見えてきた。

  
 

徳島港に到着、時刻表では10時35分着のはずだったが、時計を見るとまだ25分。10分ほど早く到着したようだ。

どかっと人がおります。
ここでの鉄道連絡はなく交通機関は基本的にバスとなる。かつては国鉄線が連絡していたが廃止されてしまった。ということでバス乗り場は長蛇の列、さあこれは何台待って乗れるだろうかというレベルだ。
徳島駅などがある市の中心部へは2kmくらいなので、歩いて行けないこともない。
ということで、迷わず歩く!(おい)
まあ、その方が楽しいっすけどね・・・。

   
 

30分少々あるいて徳島駅前にやってきた。ちょうどお昼時ということで徳島ラーメンでも、と思ったが、人気なんですかね。そちらも行列だす。時間も限られている日帰りの旅、迷った末に讃岐うどんを食べに香川に行くことにした。徳島の皆さん、ごめんなさい。。。

  
ということで徳島駅から高徳線の特急『うずしお』に乗車。二度目の高徳線、吉野川を渡って山の方へ。山が多いのが四国らしい。

途中、行き違いのために停車した阿波大宮で、下の特急が5分遅れているので車で停車するという放送。徳島駅や車内を含めて詳細は全く聞いてなかったが、その後たまたまニュースを見てびっくりしたのは高徳線でこの日の朝に、普通列車が大量発生した毛虫を踏んで、体内から出た脂で車輪が空転してしまい走行できなくなるトラブルがあったということだ。そのせいだろうか。しかし虫とはやっかいなものだ。

香川県にでて三本松に停車、サザンの時もそうだったが相変わらずうたた寝している。このところ、まじで疲れたしなぁ。
志度を過ぎて屋島を見ながら高松市街へ。久しぶりだ。
高松に到着、遅いお昼になった。前にも入った駅前のめりけんやで、さぬきうどんを食す。肉うどん特盛にてんぷら3個と奮発、東京でうどんをこんなに食うこともないな。まあ今は丸亀製麺とかも展開してるから割と気軽にうどんを食べられるようになってきていると思うが。

  
うどんを食した後は観光も兼ねて、まだ全部乗っていない琴電琴平線に乗るべく高松築港駅へ。

最終目的地は琴平の金刀比羅宮だが、まずは栗林公園を散策。前にも一度きているが、山がすぐ後ろに控える構図はなかなか綺麗だ。

   
   

  
栗林公園から先は初めて乗る。
先ほど海上でも少し降ったが栗林公園散策の頃からまた降り出した。弱い雨だからまだいいが。
雨の中を走る琴電、前は水滴でびっしり。
2両編成ではあるが座席は全て埋まっていて立ってる人もいる。メイン路線ということもあるのか、あるいは金刀比羅宮への参拝客か、それなりに乗っている。
仏生山、車庫があり各車両が止まっている。各鉄道から譲渡された年代物の車両たちが並ぶ地方私鉄の車庫、それを見るのも面白い。

  
香川らしく、とんがり山が増えてきた。香川県は本当に、わかりやすいほどのとんがり山とか、屋島のような特徴的な山とかが多い。
円座あたりからは国道32号が進路右に並行してくるようになる。香川県高松市と高知市と、県庁所在地同士を結ぶ国道である。考えたら琴電のとっているこのルートの方が高松から高知へ向かうには近い。JRで行くと予讃線を多度津まで行き、そこから土讃線に入るルートしかないが、特急など速いからあまり気にならないものの実のところ遠回りしている。もっとも今は高速があるから律儀に国道で行くことはないだろうが。

綾川町に入る。さぬきうどん発祥の地らしい。確かにうどん屋の本店らしいのを国道沿いに見たりする。でもイオンモールも負けないくらい目立っている。
滝宮、折り返し便の設定があるのでそこそこ広い。駅前に、森永ホモ牛乳!
昔の年代の人はまあ見慣れているだろうしあまり気にしないだろうけど、我々若い世代はまあ昔からの牛乳屋さんに出くわさない限り滅多に見ることがない。

雨が少し強くなってきた。並行する国道32号も車が多い。
岡田では綾川町のPR電車と行き違う。
琴平に近づいてきて、金刀比羅宮のある象頭山が見え始める。最後の駅、榎井を過ぎ、激しい縦揺れを起こして走るwローカル線ならでは、っていう感じだがちょっとひどいな。。。
JR土讃線をくぐり、左にカーブして終点琴電琴平。この日はなんと卒寿を迎えたかつての車両がお披露目されていた。ホームに普通に停車していて、高松築港行きとして営業運転されるようだ。琴電ならではのイベント。

   
 
   
 

というわけで今回も金刀比羅宮を参拝。四国に来たっていう感じがするなぁ。

帰りは土讃線の特急南紀で岡山、そこから新幹線で帰路へ。駆け足的だったけど満足。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR四国, 予讃線, 四国, 土讃線, 徳島, 琴平線, 香川, 高松琴平電気鉄道   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です