能勢電鉄(2)

  

妙見線を終点妙見口まで乗った後、途中の山下まで戻って、日生線に乗る。日生線は山下〜日生中央間の一駅のみ、途中駅のない路線だ。もっぱら、日生ニュータウンの交通手段として存在するもので、自然豊かな妙見線とは対象的である。

まずは川西能勢口行きの上り電車に乗って、分岐駅の山下に戻って降りるが、ここで珍妙な光景が展開する。筆者も思わず唖然としてしまった。

筆者が乗ってきたのは上りの川西能勢口行き、山下は途中駅で、この先も終点川西能勢口へ向けて、お客さんを乗せて走る電車である。そして、山下では筆者の降りた所の向こう側のホームにも電車が止まっていたのだが、その電車が先に、上りの方向へ発車した。しかし車内をよく見ると、そちらにもお客さんが乗っている。タイミング的には同じ時間で、回送なんじゃないか、と思ったのだが、見ると車内は空っぽではなく、お客さんが乗っている。ということは、あっちも川西能勢口行きだろうか?
でも自分のたっているホームに止まっているのも、間違いなく川西能勢口行きで、先の電車が発車したのと同じく上り方向へ向かう電車である。そして、先にお客さんを乗せて発車した電車が発車したのち、しばらく待つのかと思いきや、すぐに上りの方向へと発車していった。タイミング的に、やけに近すぎやしないか???
しかし改めて時刻表を見てみると、時間的に川西能勢口ゆきはやはり筆者がここまで乗ってきた電車しかないようだ。能勢電鉄は昼間、各駅停車が10分ごとの等間隔ダイヤで、1、2分の間隔で列車が走るが来るなんてことは、あり得ない。
だとすれば、先に向こう側のホームからお客さんを乗せて発車した電車は、一体何だったんだろうか?
これは西村京太郎のネタにでもされそうなミステリーだ。(大げさだ・・・)

謎を残したまま、通路を通って次の日生中央行きが来る1号線に移動する。「山下始発」の日生中央行きに乗る。
が、ここでまたも変な光景に遭遇することになる。

しばらく待って、電車が入ってきた。電車の行き先は「山下↔️日生中央」と書いてある。そしてその電車は、日生線とは逆の川西能勢口の方向から入ってきた。つまり、山下まで「回送」でやってきて、ここから始発になる電車である。ということで当然ながら、車内は「空っぽ」のはずだ。

座席も含めてすっからかん、座れて当然の状態である。

だが乗り込んでびっくり。
フツーに他のお客さんが、なんとすでに乗っている…。
そして堂々と、席に座っている。

は???

さっぱり、理解できん・・・。
てか、始発やろ?

というわけで、「回送のはずの電車にお客さんが乗っている」という変な光景を目の当たりにした。乗ったはいいんだけど、真面目に「この電車で合っているのか?」と一瞬思ってしまった。
まさに、ナニコレ珍百景!

最初は「なんか俺のアタマがおかしくなったんか?」と思ったが、どうもそうではなく(当たり前や!)、日生線の電車が、以下の方法で運行されていることによるためだ。
日生線は川西能勢口への直通便と、山下折り返しのシャトル便が交互に運行されている。シャトル便の電車は妙見線の電車と接続することで、それに乗っても川西能勢口へ行けるようにしており、逆に川西能勢口からやってきた能勢線妙見口行きの電車からも、山下で乗り換えて日生中央へ行けるようにしている。
しかし線路の都合上、シャトル便はホーム上で直接折り返すことができず、一旦上り方向に引き上げ、下り日生中央行きのホームに入ってくる。山下では、能勢線の下り妙見口行き乗り場と、日生線の上りが同じホームとなっていて階段を経ずに乗り換えられるため、日生線の山下止まりの電車は、到着するとお客さんを降ろし車内を空にして引き上げるのではなく、妙見口行きの下り電車で来て日生線に乗り換えるお客さんを、この時点で乗れるようにしているのである。
かくして、お客さんを乗せたまま列車が引き上げて折り返す光景が生まれた、ということである。しかし、乗り換えたお客さんもまた、日生中央行きのホームに入るまで、一旦逆向きに進んで、ホームもない場所で停車して折り返すという妙な光景を見ることになるわけだから、これまた慣れないものだ…。

珍妙な光景なおかげで、始まる前にだいぶかかってしまった・・・。

というわけで一駅の旅。山下を出ると左にカーブし、長いトンネルを抜ける。線形は良く能勢電にしてはかなりスピードを出す。トンネルを抜けると谷越えで立派な高架線になる。完全にニュータウンの路線、妙見線とは対照的で、だいぶ能勢電らしくない感じだ。高台にトンネルで突っ込んで終点日生中央。ウッディタウン中央のようなニュータウンの終点駅。本当にニュータウンの駅はどこも良く似ている。ただ、山が近い分ニュータウンとしては規模は小さめに感じる。

自然と人工物とが共存する環境。いかにも人間様が作ったと言わんばかりだ。

  

  

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: ローカル線, 兵庫, 能勢電鉄, 近畿   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です