今年も残すところ(2)

あと2日ですな。

というわけで阪急今津線で、宝塚から西宮北口まできたんだったな。この先西宮北口で神戸線を挟んで反対側の今津方面が残っている。まあそこについてもちゃっかり乗ってるわけですがw

神戸から阪神電車で大阪に帰る道すがら(というか普通ならそのまんま阪神電車で梅田に行くか初っ端から阪急神戸線に乗るもんだろうがw)、西宮市は今津駅で電車を降りる。

阪神電車で西宮の一つ隣、快速急行までは止まるが特急は止まらない。特急に乗ってきたので西宮で普通に乗り換えて今津へ。ありふれた都会の高架駅だが六甲山系をバックに市街地が広がるのは実にこのあたりらしい景観。こう言ったらなんだか怒られそうな気もするが『六甲おろし』という語が確かにしっくりくる気がする。ちなみに今津から梅田行きの普通で二つ目が甲子園である。

阪神の駅を出て連絡通路を通り、阪急今津線乗り場へ。かつては両線とも地上であったが今はどちらも高架駅。地上時代だった頃には線路もつながっていた時期があり(阪神と阪急はレール幅が同じ)、阪急電車が暴走して阪神の線路に乗り込み今津から一駅走って停止する事故もあったという。かつて阪神と阪急といえば強いライバル関係であり阪急の殴り込みかと言われた逸話がある。
   
 阪急今津線の今津〜西宮北口間は途中阪神国道駅があるのみ、わずか3駅である。西宮北口から北側の宝塚方面はそれなりに距離も長く、梅田への直通もあり利用客が多いが、今津側はひたすらこの区間の折り返し便のみで、列車も3両編成のワンマンカーである。

最初の駅、阪神国道。その名の通り駅の南に阪神国道(国道2号線)が交差する。珍しい名前だ。まあこれと同様のものが関東は鶴見線の国道駅(こちらも第一京浜国道の上に駅が存在)となるだろうが。

JR神戸線の線路群を越えると単線になり西宮北口へ(もう一方の線路は車両回送用の神戸線への連絡線となる)。高架駅だが線路は行き止まりで完全にぶった切れており、ホームからそのまま先端へ進むと駅の2階コンコースである。今津線の宝塚方面行きは神戸線を挟んで北側、1階のホームでこちらも行き止まり式、双方が繋がる望みはもう完全に絶たれてしまったようだ…。
   
 駅コンコースから。奥の2階の壁の中が今津線(今津行き)ホーム。下の線路は神戸線との連絡線。

ここで神戸線に乗り換えるがやってきた8003Fは車体に埃がビッチリ、少々残念な感じだ…。
今度は神戸線を塚口で降りて、伊丹線に乗り換える。特急は通過し、昼間は普通しか停車しないが通勤客の多いラッシュ時は通勤特急が停車する。

伊丹線は塚口から伊丹までを結ぶ支線。神戸線から分かれるように伸びるが直通列車はなく全て線内折り返し便である。

   
   
塚口駅構内は敷地の関係か単線で、神戸線上りホームと同じホームを共用している。いきなり速度制限15km/hのきついカーブを抜けて、複線の直線に入る。

住宅街をゆく普通の通勤路線。4両編成の列車が往復する。山陽新幹線をくぐり新伊丹。

高架に上がって伊丹中心部に入り、早くも終点の伊丹。駅周辺はマンションが林立している。阪神大震災時は駅舎が倒壊する被害を受けて営業出来なくなり、南側に仮駅を設置して営業していた。その後駅ビルと合わせて再建され現在に至っている。

   
   
時を経て再生した伊丹の街。真新しい駅ビルに、何事もなかったかのように見える街。しかしその背景では計り知れぬ苦難を乗り越えてきたものだ。

来年も、前向きに行きたいものです!

それでは、良いお年を!

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 今津線, 伊丹線, 兵庫, 神戸本線, 近畿, 都市近郊, 阪急電鉄   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

今年も残すところ(2)” への2件のコメント

    • ご覧いただきまして、有難うございます。
      確かに、伊丹線はワンマン運転では有りませんでした。当方が乗車時のメモで、誤って記録してしまったようです。
      記事を訂正させて頂きました。申し訳ございません。

      今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です