日帰り銚子の旅(6)

鹿島臨海鉄道に乗り水戸を目指す。旅も終わりに近づいた。長者ケ浜潮騒はまなす公園前を過ぎ、北を目指す。臨海鉄道という名前ではあるものの海はほとんど見えず、沿線は住宅街や田園も目立ち、また山近くも通っていて森林も多くトンネルも通る。北浦湖畔から高架区間もある。

旅の疲れで少しまどろむ。長いトンネルを抜け、高架になり市街地に入って大洗。ここからは区間運転もあり本数が増える。

あたりはすっかり暗くなり、月が見える。

進路を西向きに取り、海からからに離れていく。周囲は畑がひたすら広がり、何もないところを高架で快走する。

最後の駅東水戸を過ぎ、水戸市街地に入り常磐線と合流。水戸に到着である。


乗ってきた列車。沿線にゆかりのあるアニメ、ガールズパンツァーのラッピングがされていた。がんばっぺ!



すっかり暗くなった水戸駅前。実は水戸には初めて降り立った。ここまできたからにはやっぱり黄門様に謁見しないと…

(完)

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: ローカル線, 茨城, 関東, 鹿島臨海鉄道   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です