静岡ローカル私鉄巡り(5)

IMG_3565

IMG_3573

IMG_3572

新清水駅は静鉄の清水側ターミナル。2両編成なのでホームは短いが、ターミナルとあって大きめの駅舎を持ち貫禄がある。全駅に自動券売機、自動改札機を備えておりその辺りからも都市鉄道的な性格が伺える。東急との縁があり現在の車両1000系も東急車両製、オールステンレスでデザインも東急7200系(当の東急からは引退してしまったが・・・)そっくりの、18メートル級3ドア車である。あまりに似過ぎているため、東急からの譲渡車かと思っていたがれっきとした自社発注車である。かつては自社で車両製造もしていたようだ。ちなみに、鉄道友の会静岡支部の「おれんじ賞」を受賞した車両とのことで、車内にはそれを記念するプレートが貼られている。
新清水を出ると、ミニ私鉄らしい小柄な鉄橋で川を渡る。次の入江岡から狐ケ崎までは東海道線が右にべったり並行する(但し向こうは清水~草薙間に駅はないので、この間での乗り換えは出来ない)。2両しかないこともあり、途中駅のホームはどこも狭い。ワンマン運転の都合上か、ホームには柵が設けられている。路線や車両の形態、風景からして、東急の世田谷線や池上線あたりを思わず連想する。入江岡から桜橋までは300mしかなくすぐ着いてしまう。こんな所もなんだか、らしくていい。だがそうかと思うとその次狐ケ崎までは1.7kmと長く、結構スピードを出す。
“ミニ私鉄”とは言ったものの今の鉄道だけのことで、グループ会社も含めたら結構な規模である。県の中央部を中心にバス路線は充実しているし、東京、大阪方面への高速バスも運行されている。鉄道もかつては広大な路線網をもっており路面電車もあったというが、残念ながら昭和50年頃までに全て廃止されてしまったようである。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 中部, 都市近郊, 静岡, 静岡清水線, 静岡鉄道   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です