新幹線でひとっとび、初夏の北陸金沢の旅(1)

奥多摩の旅からもう2ヶ月が経過、気づけば梅雨入りしてじとじとした季節。口癖になりつつあるがすっかり忙しいと日々の移り変わりにもまるで関心を失っているかのようだ。
まったくわれながらなんていう下手な口上で入ろうとしているんだか。旅行パンフレットを勝手にイメージしたタイトルを考えるもさっぱり行けてない。。。それよりほろよい加減で書くなですな。はい。

というわけで今年も学生時代からの友人と旅に出ることに。数年前にひょんなことから始まってもう毎年恒例だな。全くもって縁の力というものは侮れない。行き先は北陸地方、新幹線もできてすっかりホットになった感じか。せっかくのところであるが都合により日帰りでの旅。とはいえ東京からでも、今や新幹線の力でもはや敵なし!金沢まで約2時間半、大阪と同じ圏内となり一応日帰りもそこまで無理な話ではなくなっている。何度か出かけているが、以前のメインルートであった上越新幹線と特急はくたかの組み合わせは4時間ほど、上越新幹線が開通する前よりは当然早いとはいえそれでも遠路という印象しかなかった。

しかしいくら日帰り可能な距離になったとはいえ、ゆっくり楽しみたかったらそれなりな覚悟は必要!ということで行きの北陸新幹線は始発列車、栄光のかがやき501号を選択した。集合は上野駅に朝6時となったが、当然ながらそこまで頑張ってこなくてはならない。距離のある筆者は最寄駅からも始発列車でやってきた。実は前日飲んでいただけに寝坊しやしないか少しひやっとしていたのだが神経が持ってくれたおかげかしっかり時間通りに目を覚ますことができた。何を隠そう始発だったら難なく回れると言ったのは一応自分なので、そこは責任を取らねばなりますまい・・・。(笑)

京王線の始発電車で新宿へ向かい、そこから中央線、神田で京浜東北と乗り継いで上野へ向かう。あんまりこんなことを書くからまた長くなるが、早朝の各線の様子というものもまたマニアック(?)な感じがするもので普段見られない光景が見られる。京王線でいえば各駅停車は新線新宿行きで笹塚から京王新線に入るし、中央線は快速が運転されてないのでオレンジ色の電車が各駅停車になり代々木、千駄ヶ谷と延々とまっていく。マニア的には面白いものだが早朝で本数自体も多くないのと相まって日中よりもちょっと目的地までの時間がかかる。

時間通りに集合し切符手配のプロのお方の力を借りて行きの指定券をゲット。行程では上野6時22分のかがやき501号で金沢に8時46分着、そこから8時56分の能登かがり火に乗って能登方面へ向かう行程である。今回も無事成功できることを祈るのだが、果たして・・・。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, JR西日本, 北陸新幹線, 石川   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です