新幹線でひとっとび、初回の北陸金沢の旅(3)


北陸新幹線での旅、埼玉を抜けて列車は群馬県へ。高崎を通過するといよいよ上越新幹線から分かれて金沢方面へ向かう。かつて碓氷峠を越えた区間、新幹線になった今はトンネルの連続で車窓はあまり拝めない。でもそんな時でも仲間同士でいれば会話で自ずと盛り上がれるのも楽しみだ。

さて、都内を出る時から決して良いとは言えなかった空模様、長野に入って本格的に雨が降り出す。高速で走る新幹線、雨樋から流れ落ちる水か、窓ガラスに川のように水流ができている。新幹線に乗って雨に祟られることもなかなかないがこれはこれで珍しい光景か。
列車はトンネルを抜けて軽井沢を通過、つかの間の高原の景色を堪能するが標高が高いところでの悪天候とあって霧の中。視界があまり効かない反面、ちょっと幻想的な雰囲気を醸している。

トンネルを通過しながら長野県内に入り込んでいく。天候は相変わらず雨が降ったり止んだり、なのだがこのあたりに来て車窓に映る川は濁流と化している。

こんなにひどいと列車は大丈夫か、と思うが案の定、飯山線が大雨の影響で運転見合わせになった。そして日本海側に出たとたん雨脚は強まり、ついにこの先乗る予定であった能登かがり火1号が運休との情報が入る。七尾線自体も金沢〜高松間で折り返し運転との情報が入り、能登方面へ向かう行程が完全に絶たれてしまった。ネットニュースを見ると記録的な大雨となっていて、とても足を踏み入れられた状態ではないようだ。

まずい・・・。

自然の猛威には勝てないので潔く立て直さなくてはならないが、もう終点金沢も近い。とりあえず金沢に着いた時点でどこかでお茶しながら計画を練り直すことにする。
そんなこんなでとりあえずは金沢入り。この先ちょっとヒヤヒヤするがとりあえず到着だ。まあ、時にはこんなこともあるさ。

とはいえ列車旅をしていてここまでの天候状態に遭遇したこともそんなにない。過去に一応岡山に宿泊予定で山陽本線の普通列車で移動して、途中大雨で姫路で足止めを食らった経験があるくらいか(その時は結局山陽新幹線が動いていたのでそれで移動している)。

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR西日本, 北陸新幹線   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です