新幹線でひとっ飛び、初夏の北陸金沢の旅(5)

湯涌温泉からバスで再び金沢駅に戻る。せっかく金沢に来たなら市内観光として近江町市場あたりをうろうろしながら海鮮の昼食でもとろうと画策していたのだが、車窓の雨は依然強く降り続いており少し歩こうものならまたずぶ濡れになりそうな天候…。やむなく金沢駅まで戻って昼食と、その間にその後の行程を練る。友人の考案で妙立寺(忍者寺)、香林寺と巡ることになった。忍者寺、それまで知らなかったが興味をそそられるしとりあえず寺の中なら雨が少し強くても大丈夫だろう。

昼食を終えてバスで野町方面へ。犀川を渡った先は寺が集中していて妙立寺、香林寺もその中の一つ。


それまで雨にたたられてなんだか気分が晴れない感じだし(なんという表現だ…)、早朝からでできたことの疲れも出た感じでバスでも少しうたた寝してしまったが、寺に入るとこれがまた妙な落ち着きを取り戻す。妙立寺は忍者寺とも言われるように随所に仕掛けがあり、ガイドの先導で拝観することになったいる。入って最初の説明を聞くが寺の中の環境とも相まってなんだかそれだけでちょっと厳粛な気持ちになり始める。

40分くらいかけて内部を回ったが本当に寺か、お城ではないかといわんばかりの仕掛けばかり。何が何だか分からず一人で回ろうものなら出るのも一苦労だ。 1634年、加賀三代藩主前田利常公が金沢城近くから移築建立したものだそうで、寺ではあるものの出城そのものといった感じだ。そんな中を仕事とは言え全てを頭の中に叩き込んで手早く誘導するガイドさんもまた凄い…。

圧倒された後は少し歩いたところにある香林寺へ。こちらは願掛け寺として有名である。願掛けの前にお寺の方から中の仏像のことも含め説明を受ける。お寺の空間というのはなんだか不思議なものでそれだけで癒し(なんて言っては失礼か?)というか、本当に清々しい気分になれる。まさしくパワースポットだ。

不動明王に手を合わせてから外に出ていよいよ願掛けだ。事前に回り方について詳細な説明も受ける。所定の場所に干支の像が配置されていて自分の干支の前で心静かに願いごとをする。

すっかり心清らかになったところで、さあ夕食というか飲み会だ(あらっ!)というわけで一気に俗世に戻る一同であった。(笑)

Author Profile

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR西日本, 中部, 北陸新幹線   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です