小田急ロマンスカー7000形 LSE引退

2018年7月10日をもって、小田急のロマンスカー7000形、通称『LSE』が運行を終了しました。かつて名車と慕われたロマンスカー3000形(SE車)の置き換え用として1980年に登場しました。1987年から10000形(HiSE)、平成に入ると30000形(EXE)が投入されロマンスカーの主役はそれらの車両に移った感がありましたが、3000形から続いたグレーをベースにオレンジ・ホワイトの帯をまとったロマンスカーお馴染みの塗装で長く残り、38年にわたる活躍となりました。

ロマンスカーに乗ると子供の頃はHiSE、今はEXEばかりに当たるもので、多分私は一度も乗らずに終わってしまってます。(苦笑)というわけでこの私、この車両についてあんまり語れることがありませんが、昭和時代からの古き良き小田急の車両がまた一つ引退したとなると寂しいものです。昭和に登場した車両はこれで通勤形の8000形(1983年)と、1000形(1987年)の二種類だけとなりますし、通勤形にしても白いボディーに青い帯をまとった、昭和後期の小田急らしい車両は8000形だけになってしまいましたね(1987年の1000形以降はステンレスボディですからね)。幼い頃は、通勤形は5000形が主力で白いボディの電車がたくさん走っていたものです。それらとならんでロマンスカーNSEやLSEといった車両が、やはり当時の小田急を象徴する存在として記憶に残っています。そういえばこれも懐かしいですが、急行は10両編成でしたが小田原行き・片瀬江ノ島行きの連結で、途中の相模大野で切り離されるのが多かったですね。乗り間違えないように、駅などで丁寧にアナウンスが入っていた記憶があります。今見ると相当過去の話になってしまった気がします。

そんなわけでというのもなんですが過去に小田急で7000形もたまたま撮ったのを思い出して、当ブログの写真を見返して見ました。はっきり覚えていたのは地下化された直後の下北沢の写真くらいでしたが、見てみると意外と撮っていました。
ということで、2013年頃の写真がメインですが当時の懐かしい風景と一緒にどうぞ。複々線化前というか地下化の前後の写真ばかりなので、貴重な地上区間をゆく姿も残っております。
私的にはまだついこないだのことに思えますが、もうあれから5年も経ったのですね・・・。

南新宿駅を通過するLSE『はこね』

 

和泉多摩川〜登戸間で多摩川を渡るLSE、ちょうど流し撮りを試しにやって見た頃でしょうか。

地下化が迫る世田谷代田駅付近、環七通りとの交差地点をゆくLSE。地下化直前の沿線を散歩して撮っていたので車両メインでないのはすみません。。。

地上だった頃は環七が地下道で線路をくぐっていましたが、今は逆の関係になってしまいました。ただ、環七通りがこの地点だけすり鉢状に上り下りするのは今も変わらず、当時の跡を残しています。

 

全く意図しませんでしたが、そしてそのためか出来はかなり悪いですが、貴重な写真。
地上ホームの最終日を迎えた、下北沢駅を通過するLSEです。
野次馬根性で会社帰りに東北沢、下北沢、世田谷代田と降りて撮影してたんですね。。。

 

そしてその翌日(2013年3月23日)、地下になったばかりの下北沢駅を通過するLSE。なぜか不思議とLSEに当たっていたもんですね。

 

 

 

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 小田原線, 小田急電鉄, 関東   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です