塩尻駅

 

松本とともに信州の主要都市に数えられる塩尻にある中央本線の駅、東京から222.1km、名古屋から174.8kmと、ほぼ中間に近い。中央本線にとっては途中駅だが、路線はここで東西に分断されている。東西間の直通は定期便では存在せず、その代わりに双方の列車がここから篠ノ井線に入り松本・長野方面へ向かうユニークな形態である。東京・名古屋双方と長野方面との流れがメインになっていることが伺える。
線路も北側から見るとY字型で中央線側が分岐になっており、東西の中央線と篠ノ井線を行き来するのに都合良い形になっている。現在のこの形になったのは昭和57年のことで、それ以前の駅は岡谷寄りに位置し、中央本線側の線路がメインで東線(東京方面)側から篠ノ井線が分岐する形だった。しかし以前から東西間の直通はあまりなく篠ノ井線との直通の方がメインで、分岐が東線側からになっていたため西線(名古屋方面)と篠ノ井線の行き来にはスイッチバックを強いられていた。実態に合わせた駅の移転だったと言える。かつての駅あたりは今も線路が広がっており、以前は貨物駅として使われていた。

ホームは3面で、東側の1面(1・2番線)が中央東線、西側の1面(5・6番線)が中央西線となっている。ただし東西の中央線のどちらも、東京・名古屋と反対の方向は篠ノ井線となるので、2番線・6番線は篠ノ井線の乗り場ということになる。ということで同じ中央線、篠ノ井線でも乗り場は変わるので注意が必要である。行き先・列車により乗り場が違うため、駅の構内は乗り場案内が充実している。

 

ホーム3面と書いた通り、東西の中央線がメインで使用する2面の間にもう1面ホームがあり、3・4番線となっている。ここに発着する列車はあまり多くないが、主に中央東線の小野方面(旧線)の列車が発着したり、列車の退避で使われている。4番線はこの駅で唯一線路が全方向につながっていて、中央西線の普通列車も一部発着する。
そしてこの3・4番線ホームだがこの駅の名物、ぶどう園があることで知られている。塩尻はぶどう、ワインでも知られる町。
列車から見たことはあったものの降りてきたのは初めてだ。
コンコース、ホームに通じる階段にはしっかり看板もつけられている。

 

 

ホームの松本寄り、屋根のない部分は木柵が設けられぶどうに覆われている。

いやー本当に、ぶどうだ!(当たり前や)
香りも良い。
というかこれだけ見ると、どこで撮ったのかわからん・・・(笑)
本当に収穫前!という感じだが、実際に収穫もしているらしい。

では、ここがちゃんと駅のホームだっていう証拠に(笑)

ここの駅名標には植えられている銘柄「ナイアガラ」、「メルロー」と書かれている。収穫されたぶどうはワインにもなっているようだ。
ベンチも置かれていてここで一休みもできる。

乗換の合間にベンチでしばし座ったが、人のあまりこないホームの端っこに作られた自然の空間で癒された。ぶどうもそうだが、こういった緑の環境が都会の駅にももっとあっても良いんじゃないかと思う。
入り口の看板にあった「日本でここだけ」、そらそうでしょう!(笑)塩尻を通る際は、少し時間を作って立ち寄って見ることをお勧めしたい。

 

5・6番線は中央西線(名古屋方面)系統が発着、名古屋と長野を結ぶ、特急『しなの』も発着する。
JR東海管轄となるためオレンジ色の車両がメイン。東線は信州エリアの色で青系になっているが、東京近郊はオレンジ色ですな。東京で中央線というとやはりオレンジの方がしっくり来ると思う。

 

中央西線はJR東海となるため、5・6番線ホームの駅名標は名古屋側(洗馬駅)がオレンジ色になっている。
写真にも写っているが、ホームは地酒の広告などでも賑やかだ。地方の主要な駅ではよく見かける光景だが、酒も飲めないのになぜかこれを見ると、なんだかその土地にきたという感じになったり、妙にホッとした感覚になる。看板に使われている文字やデザインもやっぱり昔ながらというか、どこかしっくりくるものがあるのだろう。

 

1・2番線が中央東線で東京・新宿と長野方面を結ぶルートとなる。特急『あずさ』もこちらから。新型の特急E353系『スーパーあずさ』で東京に帰る。

 

1・2番線から全体を見る。3・4番線にぶどう園があるのでちょっと無理やりだが、ちょうど1番線に『スーパーあずさ』、5番線に『しなの』と東西の特急が揃った。4番線には中央西線の普通列車が停車中。

 

さて、最後にもう一つこの駅の見どころ(?)を。
1・2番線の階段を上がった所にある立ち食い蕎麦「信州そば」
肝心の蕎麦の方ではなく、その変わった店舗の構造で有名になってしまったお店だ。

写真右側が店の入口だがご覧の通り、店の入口というよりも従業員用の入口かと思うほどの狭さ。「そば処」と大きく看板が出ているが、なかったら気づかないかもしれない。
中に入ると人の立つスペースがなんとたったの二人分という狭さだ。

実は店のカウンターは改札の内、外側両方にあり、超狭いのは内側の方だけで、外側(待合室)の方は普通の広さである。よく見ると、混んでいる時は改札を出て待合室側のカウンターに行くように書いてある。写真に写っていないが、お店の隣にはホームに向かうエレベータが設置されており、それをつくるために内側だけこんなに狭くなってしまったようだ。これもある意味「日本にここだけ」ですな。
信州といえば蕎麦だけにせっかくなので入ってみたい所だが、二人ぶん埋まっていたし時間も半端だったので、やむなくまた今度に・・・。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: JR東日本, JR東海, 中央本線   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です