大須観音と鶴舞線

地上に出て久屋大通を少しぶらぶらして一旦ホテルに荷物を置き、今度は伏見駅から鶴舞線で大須観音へ。一つだけではあるが電車に乗って、帰りは歩いて戻ることに。ちなみに鶴舞線は以前に一度、名鉄豊田線からそのまま乗り入れで全線乗車している。その時も大須観音に行ったんだったな。

伏見の地下街から駅に入る。ちょうど東山線の藤が丘行きのホームにそのまま繋がっている。東山線は銀座線同様、古い地下鉄だけにホームは浅い。N1000形が到着、歴史ある路線も車両は最新になっている。

東山線ホーム裏には連絡通路がある。通路を名古屋寄りまで歩いて、さらに下の鶴舞線ホームへ。名古屋で三番目の路線で昭和50年代に開業しており、駅ホームはちょっと深い感じがする。名鉄線と相互乗り入れしていて、普通の大型サイズの電車(20m4ドア)が6両編成で走る。年代や駅の構造・雰囲気、車両など、東京でいえば都営新宿線なんかと共通してる気がする。路線の色がブルーという点では東京メトロの東西線も連想されるが、東西線は年代がちょっと古いし(昭和39年から順次開業)、路線も長くて混雑も半端ない。鶴舞線も名鉄との乗り入れで東は豊田市、西側は犬山方面まで運行されているが、それほどの混雑にはならないようだ。やはり名古屋で混んでいるというと東山線が思い浮かんでしまう。

地下鉄ということで都心の交通手段ではあるものの、伏見や丸の内などのオフィス街を通っており、最大のターミナルである名古屋駅や繁華街の栄は通っていない。そんなところも他の路線と趣が違うと思う。時刻表をみても平日の朝こそ4分間隔だが、昼間は平日は1時間に7-8分間隔、土休日にいたっては10分間隔と、地下鉄にしてはちょっと本数が少ない。東山線や名城線に比べると車両が大きいという違いもあるが、ターミナル駅や繁華街といった四六時中人が多そうなエリアを通るのと、平日朝夕の通勤時とそれ以外の時間の差が激しいビジネス街中心のエリアを通るのとでは、やはり事情が違うのかと思う。

やってきた豊田市行きの電車に乗って、隣の大須観音へ。3050形の6両編成。

向かい側には新型のN3000形。昭和52年に登場した初代の3000形は順次置き換えられている。3050形と合わせて新型に統一されるのも遠くないようだ。乗り入れの名鉄線からは赤い電車の100系が乗り入れてくるが、こちらは置き換えられずリニューアルされており今後も第一線で継続する。大切にされていると思う一方、新好きにとっては全車両でなくていいから、新型も入って欲しいなと思ってしまうところ。(笑)本線系は新型にどんどん置き換わっているし瀬戸線も100%新型になってしまった(瀬戸線の場合は、塗装設備がないという理由もあるようだが)。

ちなみに今回撮ったものではありませんが(笑)以前に乗った時の3000形と名鉄100系。

一つ隣なのですぐに到着、大須観音駅を出る。駅名にもなっている観音様は2番出口が近い。それまで雨には降られなかったがこの駅を出たら途端に雨になってしまった。雲の切れ間から太陽はのぞいていてお天気雨のような感じだった。ちょっと強めでスコールみたいな感じもしたが、割とすぐに止むんじゃないかなー、とあまり気にせず歩く。でもなんだか、お参りがてら雨宿りみたいな感じになってしまった(笑)

伏見駅は隣だし少し都心を歩こうと思い、お参りの後はそのまま北の方へ戻るように歩いた。大須観音駅のちょっと北側で名古屋高速が通り、その先は白川公園、名古屋市科学館もある。真ん中の巨大な休憩の物体はプラネタリウムか。今回、熱田神宮も含め結構歩いたのもあり、中にまでは入らなかったが、外にもH2-Bロケットや昔の名古屋市電の車両などが展示されていて面白かった。

名古屋市科学館の館外に展示されている名古屋市電の車両(1400型)。名古屋市電は昭和49年3月31日に全廃されている。

市電の隣にはもう一つ線路があって車両が展示できるスペースになっているが現在車両は止まっていない。そこはB6型 蒸気機関車の展示場所であった。あおなみ線での走行も期待されていたが走行には多額の車両整備費用がかかることがわかったという。とりあえずはこちらにまた戻されて、車輪のみを動かす動態展示ということに落ち着いたようだ。また会える日を期待して!

うろうろしているうちに腹も空いてきた。夕方になったしちょっと早いけど夕食がてらきしめんを食べて戻る。結構歩いて久々にいい運動になったかな。

投稿者プロフィール

smith
学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。
最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。
あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。

どうぞお楽しみに!!!
カテゴリー: 未分類   作成者: smith パーマリンク

smith の紹介

学生時代に旅行好きから発展(?)して鉄道好きになり、かれこれ10年以上ヒマを見つけては主に乗り鉄を楽しんでいます。 最近は車両面などの関心も強まって少しずつ撮り鉄にもなりつつあります。興味対象についてはあまり限定せずに幅広く、程よくがモットー、のつもりでおりますが本ブログでどれくらい反映出来るか、果たしてどうでしょう?(笑)まあ基本旅中心なので主に行きたいと思う所ベースに選んでます。 あ、ちなみにハンドルネームの「smith」はちょうど自分が受験戦争前後だった頃にテレビでやっていたロボットアニメの影響(?)から、何気なく使ってるものです。。。 どうぞお楽しみに!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です