南総横断(8)

大多喜を過ぎ、町を走る。すぐ城見ヶ丘に停車、東に曲がって、太陽が背になる。
ゆっくり、ゴトゴト走る。
このあたりは有数の米どころらしく、首都圏ではあまり見られない一面の田圃に囲まれる。かなり見ごたえのある光景だと思う。そしてここにも遮断機のない踏切もある。そしてその旨ガイドがはいるw ガイドによると鉄道写真家 中井精也さんお気に入りの場所として紹介されていた。

IMG_6377

 

国吉停車、行き違いで8分停車する。「風そよぐ谷 国吉」とあるがこれも命名権によるもの。というかそれ以上に駅名看板下の「上総出雲大社前」というのが気になる。この時まで知らなかったが縁結びで知られる出雲大社の分院である。

IMG_6378

IMG_6380

 

IMG_6388

構内には久留里線で活躍していたキハ30 62が保存されている。最近譲渡されたようだ。せっかくなのに近づけるようになっていないのが少々残念だが、まあこの雰囲気が良いから良しとしよう。保存というよりは何かに使われる、可能性がどうもあるようだが。

IMG_6379

駅ホームに展示されていた「人車」。かつてのこの路線は文字通り、人が押す力でレールの上を走るという人車軌道だった。今では考えられないことだが戦前には日本の随所で見られた鉄道の一形態である。そういえば都内でも寅さんでおなじみ葛飾柴又を行く京成金町線も、当初は人車だった。柴又にある寅さん記念館でも紹介されており、当時の軌道を再現した模型も見ることができます。

 

IMG_6382

IMG_6387

行き違いの列車がやってきて並んだ。同じ気動車だが風格がまるで違う。国鉄急行型の方がやはり頑強そうな印象。

山の中を過ぎる。途中左手に池があるがそこにはなんとムーミンと仲間たちが…
子供にしか見えません、なんて…子供ごころがあればちゃんと見えますよ、きっとwww

IMG_6393

そういえば列車にもついていますね~

 

しかし本当に田圃が多い!米どころなんだなぁ~!
と、ここで安全確認のため一旦停止、なんだ?でも何食わぬ顔ですぐに走り出した。何かと思ったら西大原駅の通過だった。通過扱いだが一旦停止が必要なようだ。

オルゴールチャイムが鳴る。まもなく終点大原だ。短い間ではあったが国鉄急行型の旅を楽しんだ。そして東京湾に面した五井から太平洋側の大原まで私鉄列車での横断を終えた。

IMG_6397

IMG_6398

IMG_6399

南総横断(7)

房総半島南部を横断する旅、内房線の五井から小湊鉄道で途中養老渓谷に立ち寄りつつ上総中野まで移動、そこからいすみ鉄道に乗り継いで外房線大原へと向かう。

いすみ鉄道では急行列車に当たった。土休日に臨時列車として、昔懐かしの国鉄車両を使用した急行列車が運行される。路線自体そう長くないし運行ダイヤも各駅停車に近く、純粋な急行というよりは観光列車というべきだろうが、鉄道ファンを中心に人気を集めている。
キハ52、キハ28の2両編成で運転、キハ28については指定席車である(ただし空いてれば指定券を持った人が来るまで座れる)。途中大多喜までは普通列車扱いで、そこから大原までは急行券が要る。車内で販売されるので特に事前に持っていなくても良い。

 

IMG_6356

IMG_6357

キハ28、列車名の札が入っている所もかつてを彷彿とさせるかのよう。昔は全国津々浦々だった急行列車、料金設定も廉価で遠路へ向かう手段として親しまれたが、時代を経てそのほとんどは特急化で消滅している。「急行型」として普通列車、特急列車とも違う専用の車両が用意されていたが、今やそんなこともなくなってしまった。

 

IMG_6353

こちらは自由席車となるキハ52。

車内はグッズ販売やスタンプコーナーがあったり、車掌の案内もガイド調だったりと完全に観光列車である。 後ろの自由席車キハ52に乗る。車内ではなんとJR西日本とかけれた扇風機!優先座席の表示も確かに西日本仕様だ。それもそのはず、元はJR西日本管轄の大糸線非電化区間(南小谷~糸魚川間)で活躍していた車両だからだ。ドアの上を見れば大糸線の路線図がそのままにされていた。

IMG_6390

IMG_6391

ということでボックスの席に座る。窓の下には「センヌキ」がついている。昔はよくあったかな。そう、車内に灰皿もあって、たばこも普通に吸えた時代ですな。まあそこはもっとも筆者には無縁のことではあるのですがwww 列車ってのも車内設備が相応にあったのが、時代を経るごとにどんどん削られてっているなぁと思います。今や自販機だってなくなってますからね…。もはやある意味「遺産」と化している気がします。まるで一般公開されている昔の著名人のお屋敷の設備やら家具やらを見て、「昔はこんなのが普通にあったんだよ~」なんて子供に聞かせるような心地になってしまったと思います。

 

発車するとオルゴールチャイムがなり放送が入る。 「昭和の観光急行の旅をお楽しみください」で放送が締められる。それと、軽く眠気を誘うような揺れが続くwww

西畑、総元(ふさもと)と過ぎていく。養老渓谷とは打って変わってもう里を走っている。
久我原、三陸学院大学とあるが、周囲は森林だ。

IMG_6365

急行券売りが始まったので購入。小谷松、次の駅は大多喜だが、「デンタルサポート大多喜」とある。なんじゃそりゃ、という印象だが昨今色々見かけるようになったネーミングライツというもので、県内の訪問歯科デンタルサポートが命名権を取得したものでこの名前となったもの。大多喜町の中心駅でいすみ鉄道にとっても乗客が多く、車庫があったりと中心的な駅。ここで乗客入れ替わり、少し増える。

 

IMG_6360

IMG_6367