伊予鉄道の旅(6)

さて、そろそろ市内線で道後温泉へ向かうとしようか。

市内線は市内を一周する環状線を筆頭にいくつかの系統で構成され、大概松山市駅、JR松山駅はカバーされている。道後温泉は環状線からは外れているが、3系統(市駅線)と5系統(松山駅前線)などが結んでいる。松山市駅からだと標準で16分、JR松山駅前からだと19分。
大概10分間隔で運行され利便性は高い。運賃は大人160円、子供80円均一、途中の指定停留所では乗換券をもらうことで別の系統に乗り継ぐことができる。ICカードの「ICい~カード」も利用可。

大部分で道路上を走行している。基本的に軌道内は電車専用とされてはいるが、信号待ちや右折などで時に進入してくる車でなかなか思うように進めないこともある。車両は昔ながらの板張り車両も見られるが、新車への置き換えが進んでいる。
夏目漱石『坊っちゃん』に登場する「マッチ箱のような汽車」を復元した坊っちゃん列車がこの市内線で運行されている。軽便鉄道時代のSL列車を再現したものだが蒸気機関車ではなくディーゼルに拠っている。なお、そもそもの列車は今の郊外線で運行されていた。

IMG_0116

松山市駅前から電車に乗り、道後温泉へ向かう。

 

 

IMG_0114

坊っちゃん列車乗り場。乗車には乗車券が要る。時期によって運行ダイヤが異なり、この時はタイミングが悪く乗車できず。。。(一番本数の少ない時期だった)

 

道後温泉駅

IMG_0174

IMG_0173

 

IMG_0171

IMG_0175

路面電車ではあるが立派な駅舎が用意されている。

 

IMG_0172

坊っちゃん列車、この時はいなかったがここで待機するようだ。

今日は道後温泉で一泊。宿についてきたチケットで早速道後温泉本館でひとっ風呂!最高だ。そういや北海道TV(東京MXTVでも放送)『水曜どうでしょう』のサイコロの旅、東京からサイコロを振って乗った夜行バス「オレンジライナー」で一番最初にきたのがここでしたね。大泉洋さん、ここで確か滑って転倒してたような気がします。。。確かあの頃はまだ大学生さんだったんじゃないですかね。もう今じゃすっかり全国的に有名になって、凄いですね…。

IMG_0161

IMG_0164

伊予鉄道の旅(3)

横河原から折り返しの高浜行きに乗る。列車は松山市へ戻った後、そのまま直通する。路線名は変わるものの実質一本の路線である。
横河原線、郡中線が全線単線なのに対し高浜線は大部分が複線となっている。松山市から早速複線になり、ビルやマンションに囲まれた松山市の中心部を行く。
大手町に停車。発車するとすぐ大通りの踏切があるが、そこは路面電車の市内線も通っており珍しい平面交差になっている。

IMG_0184

大手町駅。写真中央の路上を市内線が横切る。市内線側には大手町駅前電停があり、乗り換えることができる。

 

IMG_0192

高浜線と市内線が交差する風景。市内線の電車が高浜線の通過を待っている。

大手町を出て、市内線はJRの松山駅前を通り過ぎていくがこちらは経由せずに直進する。そして次の古町(こまち)でまた市内線と接続する。

IMG_0158

IMG_0159

古町駅の市内線乗り場。すぐ隣に高浜線乗り場がありここも平面交差になっている。古町駅は伊予鉄道の車庫が併設されていてにぎやかである。

 

IMG_0156