伊予鉄道の旅(1)

四国は愛媛県松山市周辺に展開する私鉄路線。松山市中心部と郊外を結ぶ「郊外電車」と、松山市内を走る「市内電車」とがある。前者は通常の鉄道線だが後者は路面電車で、いわば「市電」に相当するものを私鉄である伊予鉄道が担っている。
古くは多くの都市に見られた路面電車、いまや純粋に市がやっている「市電」の多くは廃止、市営地下鉄や市営バスへの転換などされて数を減らし、まともに見られるのも札幌、鹿児島、熊本など一部の地方都市に限られてしまった。一方でここ松山や広島、岡山、富山などにも路面電車があるがそれらは伊予鉄道、広島電鉄などといった私鉄による運営。まあ、あまりどうっていう訳でもなかろうが、比べると総じて私鉄運営の路線の多くは健在で頑張っているのではと思う。私鉄で大規模廃止があったのは九州の大都会、福岡市や北九州市に展開した西鉄の路面電車で、ことに福岡市についてはかつて市による鉄道が存在せず、西鉄の路面電車の代替に市営の地下鉄が開業するという珍しい事例であった。

前置き長くなったが松山市周辺を走る郊外線は2両とか3両のローカル風情漂う路線、都心部は路面電車と揃っていて楽しめる路線である。道後温泉はじめ観光スポットもあるし、小説『坊っちゃん』にちなんだ坊っちゃん列車も運行されるなど鉄道自体も目玉を持っている。今回は都合で坊っちゃん列車を見ることはできなかったが、まあ初回だし楽しんでみよう。

宇和島からJR予讃線で北上してきた。JRで松山駅へ行くのが素直なところだがあえて特急で一つ手前の伊予市駅で降りる。駅名違いだが、道路を挟んですぐの所に伊予鉄道郡中線の郡中港駅がある。通路でつながってはいないが、一応乗換に使える訳だ。郊外電車は3路線あるがそのうちのひとつ。郡中港から松山市駅までを結び、終点の松山市駅で郊外電車の横河原線、高浜線、さらに市内電車と接続している。郊外・市内電車とも基本的には松山市駅に通ずるようになっている。

IMG_0098

JR予讃線 伊予市駅。文字通り伊予市の代表駅で特急が停車する。

 

IMG_0100

国道を挟んですぐ向かいに伊予鉄道の郡中港駅がある。看板が目立ち始発駅らしい貫禄は感じられつつも、ローカル私鉄らしい雰囲気。切符は券売機で買うが改札は有人だった。

 

IMG_0102

松山市行き3000系。つい最近移籍してきた京王井の頭線3000系。採用例が多い。現在郊外電車は自社発注の610系を除き元京王車で占められている。終着駅だがホームは一面一線しかない。

 

IMG_0105

IMG_0103

駅名看板。なんか筆で書いたようなものまで。時代がかってるなぁ。今も南海電車の一部の駅などで見られる。

松山市に向けて発車する。車内ははやりのLED式の案内表示があるが、次駅案内ばかりでなく、乗り換えバスが直近の行き先、時刻付きで案内されたり、ニュースも流れたりと、各駅停車で駅間もそんなに長くない割に、情報がなかなかきめ細かい。ソチオリンピックの時期だったのだがそれについてのニュースも流れていてフィギュアスケートの成績まででたほど。新幹線顔負けな。。。
家並みの中を単線でいく。私鉄らしい。地蔵町で710と行き違い、もと京王5000系だ。難読駅名の松前、まさきと読む。
40、50kmくらいで走ってる。団地やマンションが少し見え始め、石手川を渡って、鎌田。
車掌が先頭車まで来て、また戻っていった。余戸、松山の市街地に入ってきたか、にぎやかになってきた。道路沿いに直線走り、土井田。正面にビル群、松山市の中心だ。
各駅、乗客は比較的多い。ほぼ終日15分に1本と結構な頻度で運転されていることもあるだろう。
予讃線くぐって、土橋。
目の前に松山市の駐車場の建物がみえる。
左から高浜線が合流して、駅ビルに突っ込み終点松山市に到着。一気に喧噪に包まれる。松山へやってきた。

IMG_0110