北摂の通勤路線

ふとしたことから大阪に移り住んで数ヶ月・・・何年とか言えないんやけどw
つーわけで普段は地下鉄御堂筋線を利用している。
大阪市営地下鉄の路線だが、まあ大阪というとまず誰しも使う地下鉄路線。メインストリート御堂筋に沿って走り、観光地もこれ一本で結構カバーできる。それ以前に通勤ラッシュが凄いのだが。
御堂筋線は北は吹田市の江坂から、新大阪、梅田、なんば、天王寺と経由して、堺市のなかもずへ至る路線。24.5kmを20の駅で結ぶ。また、北側の江坂では北大阪急行線と接続して相互乗り入れしており、千里中央まで運行される。江坂止まりの電車は基本的になく、途中止まり以外は千里中央ゆきなので実質そこが終点みたいなものである。事業者が変わるので運賃が違うが。

大阪の地下鉄ではもちろん、関西でも屈指の混雑路線である。混雑度的には数値は低いらしいが実際にラッシュ時間帯に乗って見ての混み具合は、生ぬるいものではない。朝ラッシュ、起点の千里中央発列車は結構凄まじい混雑で、途中から乗ると乗り切れずにドアにカバンを挟まれる光景もしばしば。新大阪まで行けば新幹線などの乗り換えと始発もあるためか、少しだけ楽になる。始発を待つ人が長い列を作っている。帰宅ラッシュも逆のパターンで、新大阪ではそこから乗る人や新大阪止まりに乗ってきた客やらがどばっとやってきて、千里中央方面ゆきはやはり混雑する。早い時間帯はそうでもないように見えるが、夜遅めになると出張帰りなども重なるためか、結構最悪な状態になることもあるw
西中島南方を過ぎ、淀川を渡ってトンネルに入り中津に着くと、そこからまたも始発がある。途中始発がやたらと多い路線だが、その理由は梅田に着けばわかる。電車がトンネルを抜けて梅田駅のホームにさしかかると、淀屋橋、本町方面へ向かう通勤客で、ホームが隅々まで埋めつくされているのをみて呆然とするw
電車を降りてホームを歩くのも一苦労、階段を上がって改札を向かうところには駅員が立っており、時に入場制限がされるほど。これだけの乗客を裁くには途中始発のカラ電車を設定するほかないというわけだ。帰宅ラッシュも朝と同じパターンなので中津止まり、新大阪止まりがあり、千里中央方面に帰りたい客にとっては中津止まりは邪魔なもので、特に梅田から帰る場合、中津といっても一つ隣の駅なので特にがっかりするw。

とまあ関西屈指の混雑路線でいつもは嫌々乗ってる人も多かろうが、先にも書いた通り大阪の拠点は大阪城や鶴橋など環状線の東側を除けばほぼ総なめにしているので通勤のみならず観光その他でも使える路線である。新大阪から南へ向かえば大阪都心の観光地へ出るわけだが、北へ向かっても(千里中央で乗り換えになるが)万博記念公園などあり郊外側のスポットも楽しい。

というわけでまあ南の方は通勤で乗るし、ディープな所はさておいてそれなりに足も運んだので、北の方へ向かってみるとしよう。

   
 

東三国〜江坂間、神崎川を渡る所。中津から先で地上に出る御堂筋線。新御堂筋に挟まれて走る。新御堂筋は交通量が多く車がひっきりなしに通るので、なかなかうまいこと電車を撮れないw
 

  

   江坂にやってきた。御堂筋線の終点で、ここから先は北大阪急行になる。現在は千里ニュータウン方面の通勤路線となっている同線だが、当初の目的は万博来場者輸送で会期中は会場の前(万国博中央口駅)まで路線があり、太陽の塔の目の前に到達できた。会期終了後に会場線が廃止され、千里中央が終点となり現在の姿になっている。千里中央からかつての会場である万博記念公園へは現在、後に開業した大阪モノレールでアクセスできる。

ちなみに日本一運賃が安い鉄道として知られ、長らく初乗りは大人でも80円だった。消費増税後に値上げされて今は90円だが、それでも安い。大阪市とは別立てで、通しで乗る乗客が多いのでそんなに実感はないかもしれないが。万博輸送でかなり回収出来たり、支出が割と少なかったことが理由らしい。

が、現在は千里中央から先箕面方面への路線延長計画が具体化している。ということで新線関連でなにかとオカネがかかるっちゅうことだが、どうなんだろうか。というか御堂筋線の混雑に拍車がかかるとしか思えないのだが。10両編成で運転本数も結構ギリギリである。大丈夫なんだろうか。

  

江坂を過ぎると名神高速を越える。江坂まで御堂筋線と一緒に高架を走ってきた新御堂筋の本線はここではアンダーパスしている。なので、道から電車を撮るならこのあたりなら被らない。まあ、どのみち道路に挟まれる関係上、ホームで撮るのが一番撮りやすいのだが。
  
ちょうど千里中央行きが通過していった。しかし名神をくぐった先は強烈な坂だ。千里丘陵に入っていくためかこの辺から起伏が激しくなるようだ。しかし関東からきた者にとっては環八周辺を連想するような景色。高速が通っていると用賀あたりが思い浮かぶw
  
緑地公園付近、大阪市交通局の21系電車、なかもず行き。

北大阪急行も自前の車両があるが、営業距離が短いので車両数は少なく、見られるのは乗り入れてくる大阪市(御堂筋線)の車両ばかりである。
  
  

 

緑地公園駅。江坂を出て最初の駅。しかし新御堂筋の歩道を歩いていても、さっぱり目立たない。

電車に乗ったことがあったのでだいたいこの辺だろうと思っていたが全然わからなかった。ふっと道路の中央側を見て「緑地公園駅」の看板がニョキッと出ているのでそれでやっと気づくレベル…。地図が充実した世の中とはいえ初めて乗る人にはトラップかもしれない。

  
駅から北へ少し歩くと服部緑地がある。広大な緑地公園である。もとはこの辺りも竹林だったらしい。開発で切り開かれた地域である。

   
21系に抜かれる。リニューアル車が増えてきた。

 

少し歩くと竹林に囲まれた昔ながらの家々が広がる。都会からちょっと田舎の方に、足を伸ばした感じがする。でもここから梅田まで一本でそんなにかからずに行ける好環境だ。マンションが建ってるのがそれを象徴しているかのようだ。
   

 二つ目の桃山台駅。団地に囲まれていかにもニュータウンの駅といった感じか。
 
  

桃山台を過ぎると次はもう終点千里中央。同駅だけ地下にあり、ちょうど電車が地上に出てきた。

 

北大阪急行が地下に潜ると視界が広がった気がする。目の前が千里中央の駅周辺。道路の行き先の標識がごちゃごちゃしている。中国自動車道が通っている。

  こんな石碑が立っていた。千里八景、だそうで。
   

 

というわけで千里中央に到着。てかここまで結局、歩いたんかいw やぁ、天気がいいし気分的に歩いて見たかったから…。

   

 

千里中央のシンボル、せんちゅうパル。作りがやけにヨーロッパ風…。

   
  

というわけでここから大阪モノレールに乗って万博記念公園へ。

万博会場の跡のでっかい公園だし来場者は今も多いようだ。前は遊園地のエキスポランドもあったが閉園している。ジェットコースターの事故がニュースでも報道された。

 

   
 やっと会えたねw

こんにちは❗️
  
いつも表ばかりが映されている彼。実は裏が違う顔だってのは、知らなかったw

屋根の一部もモニュメント的に残されている。
 エキスポ70パビリオン!45年前の熱気を感じられますw 

その時代には生まれていない筆者、1970年というと遠い過去のように思えますが、見てるとあんまり今と大きく変わらないような気もしますね。