北陸のローカル私鉄を訪ねて~北陸鉄道浅野川線~

北陸新幹線乗車にあたって、せっかくなので金沢周辺を観光とこの辺のローカル私鉄である北陸鉄道を訪れた。
浅野川線と石川線の二つ路線で成る私鉄である。浅野川線はJR金沢駅に隣接する、北鉄金沢駅から出発、石川線は少し離れ、金沢市中心にほど近くの野町駅から出発する路線で、同じ北陸鉄道ながら直接連絡していない。
今回は浅野川線に乗車。金沢から終点までそれほど距離もなく、予定の新幹線までに行って戻って来れるのでちょうど良かった。

浅野川線は北鉄金沢駅から、浅野川沿いに日本海に向かって終点内灘まで走る路線。長さは短くわずか6.8kmしかないが、駅間が路面電車程度に短く12も駅がある。全線単線で昼間は30分に1本、地方の私鉄では標準的な運行体系と言える。短い路線ながら以前は急行が運転されており、車内に掲示された路線図には今も急行を示す赤線が引かれている(急行の名前の所はさすがに黒塗りで消されている)。
車両は、これまた地方私鉄では人気(!)の元京王井の頭線3000系を譲受した8000系である。外見上は顔と横のラインがオレンジになっているくらいであまり手は加わっていない。

北鉄金沢駅はJR金沢駅の駅前地下道と直結した地下駅。地方の私鉄で地下にある駅は珍しい。

IMG_8576

IMG_8601

 

発車するとすぐに地上に出てJRの線路群をくぐる。と思うともう次の駅、七ツ屋(ななつや)。その後も上諸江、磯部とちょこちょこ止まっていく。駅間の短い路線だ。列車はワンマン運転なので基本的に前のドアだけが開く。
金沢駅周辺の住宅街を行く。北陸の中心的な都市である金沢は人口も多いだろう。進行方向右側には浅野川が並行する。
三ツ屋で行き違いをする。駅間が短く本数も少ないということか、行き違いのできる駅は少なくほとんどの駅がホームと線路一本ずつしかない小さなものである。
地方では未だ現役の電鈴式の踏切がある。
大河端、北間と過ぎ、左に急カーブして、蚊爪(かがつめ)。読みづらい上に駅名に「蚊」の字が入ることも珍しい。
鉄橋で大野川を渡るがここで列車は徐行運転になる。見ていると確かに速度制限15km/hと書いてある。なんだろうか。川の向こうは河北潟で、電車もゆっくりなので日本海近くの風景をゆっくり楽しめる。この路線のハイライト的なシーンだ。

IMG_8597

IMG_8580

 

渡ってすぐ最後の駅粟ヶ崎、その後終点内灘に到着。
住宅街の中にある特にそれといった特徴もない駅だが、少し歩くと日本海に出る。確かに潮風を顔に感じられた。

IMG_8588

IMG_8592

IMG_8584