ごめん・なはり線へ

土讃線で御免へ降り立ち、ごめん・なはり線に乗車。後免町、駅ごとにキャラクターがおり、駅到着前の車内の自動アナウンスでも言及される。後免町はごめんまちこさん。
てか、ねめー。寝ないようにしなきゃ。

IMG_4856

高架だし高い建物少ないので見晴らしが良い。遠くに太平洋が見えてきたぞ。
景色が良く、気温も暖かくテンションも上がってくる。『ぶらり途中下車の旅』のオープニングのテーマがふと脳裏に流れ出す。なんかあの曲はよく旅にマッチしていると思う。「じゃんじゃんじゃーん♪」のリズムが、高揚感を誘うからか。(笑)あの曲とともに列車がやってくるオープニング映像を見ると「おおおっ、イイネ!」と思うものだ。

 

IMG_8475

高知龍馬空港が近いからだろう、飛行機飛んでるのが見える。
海沿いにきて、赤岡。 太平洋!さんさんとしている。
午前の東向きなので逆光だが、ちょうど太陽の光に水面が輝いて美しい。
夜須、椰子の木が駅前にあり、夏らしい。

 

IMG_8485

IMG_4842

 

見ていると要所要所、結構な町になっていて、この路線の重要度はそれなりにある気がする。もともと土佐電気の路線がきていたという事情もあろうか。街が広がって、この路線の中心的な駅、安芸。

なお海沿いを走っていき、終点奈半利へ。
キャラクターは、なは りこちゃんがお出迎え。

IMG_4852

IMG_4843

IMG_4848

線路一本だけで、来た列車がそのまま折り返すだけの駅だが、駅舎はかなり立派だ。奈半利町、はたまた室戸方面の玄関駅ということもあるだろうか。改札を出たところはテラスになっていた。この先甲浦、徳島方面へと通じるはずだったが、今も鉄路はここで途切れている。間をつなぐバスで室戸岬も行ってみたかったが今回は行程に入れられず、戻る。。。

御免にて

四国を行く旅、特急『南風』で高知県入りし御免で下車。ここで土佐くろしお鉄道の「ごめん・なはり線」に乗り換える。ちょっとおかしな路線名、起点の御免と終点奈半利からとられた愛称みたいなもので、正式名称は阿佐線と称するもののそちらの名前で呼ばれることはまずない。元は「四国循環鉄道構想」のもと、国鉄路線として建設されたものだが財政事情により途中で凍結、一時はこのまま開業せずに未成線になるかと思われたが、後に第三セクターの「土佐くろしお鉄道」が設立されその手により再開され、平成14年に開業した。日本の第三セクター路線としてはかなり新しい開業である。ちなみに徳島県と高知県の東端部、JR牟岐線の終点海部駅~甲浦駅まで阿佐海岸鉄道阿佐東線が存在し、わずか2駅のみの路線として営業している(今回、のちに訪問する)が、それもその計画の一部であり、元は甲浦から室戸方面を通って奈半利に出て、ごめん・なはり線につながるはずだったものである。残念ながら間が埋まることはなくお互いに「盲腸線」状態のまま現在に至っていて、「のりつぶし」目的で訪問した者には、攻略が難しい箇所のひとつである。まあまあ、そんなのりつぶしだけなんて言わずにここは室戸岬をめぐりながらゆっくり旅をしてみたいもの。甲浦~奈半利間は室戸岬を通るバスが運行されている(今回行程に組もうとしてはみたが残念ながら入れられず)。

さて、御免駅を起点に走るごめん・なはり線。
JRの『アンパンマン列車』もそうだが、同作品で有名な高知県の漫画家やなせたかし氏の手により各駅にキャラクターが設定され装飾に使われている。

IMG_8470

IMG_8471

御免駅のキャラクター「ごめん えきお君」。下にはやなせ氏による詩「ごめん駅でごめん」の碑。

 

IMG_8472

奈半利行がやってきた。